Tbsテレビ: 日本の東京都港区にある放送事業者

株式会社TBSテレビ(ティビーエステレビ、英: TOKYO BROADCASTING SYSTEM TELEVISION, INC.)は、TBSホールディングスの連結子会社であり、関東広域圏を放送対象地域としてテレビジョン放送事業を行う特定地上基幹放送事業者。

株式会社TBSテレビ
TOKYO BROADCASTING SYSTEM TELEVISION, INC.
Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革
Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革
種類 株式会社
略称 TBS
本社所在地 日本の旗 日本
107-8006
東京都港区赤坂五丁目3番6号
TBS放送センター
北緯35度40分18.35秒 東経139度44分4.09秒 / 北緯35.6717639度 東経139.7344694度 / 35.6717639; 139.7344694
設立 2000年(平成12年)3月21日
(株式会社TBSエンタテインメント)
業種 情報・通信業
法人番号 3010401040467 ウィキデータを編集
事業内容 放送法による放送事業ほか
代表者 代表取締役社長 佐々木卓
資本金 1億円(2022年3月31日現在)
売上高 2240億8900万円(2023年3月期)
営業利益 140億9600万円(2023年3月期)
経常利益 168億1800万円(2023年3月期)
純利益 107億2200万円(2023年3月期)
純資産 3537億0300万円
(2023年3月31日現在)
総資産 4578億7700万円
(2023年3月31日現在)
従業員数 1,173人(2022年4月1日現在)
決算期 3月末日
主要株主 株式会社TBSホールディングス 100%
外部リンク www.tbs.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:* 2004年10月1日に 当時の株式会社TBSエンタテインメントが株式会社TBSライブならびに株式会社TBSスポーツと合併し現商号に変更。
  • 2009年4月1日、東京放送ホールディングス(現・TBSホールディングス)からテレビ放送免許承継、テレビ放送事業及び文化事業の現業一切を分割された。
テンプレートを表示

略称はTBSであるが、ラテ兼営の過去からグループ会社の中波ラジオ単営局TBSラジオ(TBS R、旧TBSラジオ&コミュニケーションズ〈TBS R&C〉)もしばしばそのように表記される。ジャパン・ニュース・ネットワーク(JNN)のキー局である。

本項目では、法人としての「株式会社TBSテレビ」、及び地上基幹放送局としての「TBSテレビ」について記述する。

概要

TBSテレビ
英名 Tokyo Broadcasting System Television, Inc.
放送対象地域 関東広域圏
ニュース系列 JNNキー局
番組供給系列 TBSネットワーク
略称 TBS
愛称 TBS
呼出符号 JORX-DTV
呼出名称 TBS
デジタルテレビジョン
開局日 1955年4月1日
本社 107-8006
東京都港区赤坂五丁目3番6号
TBS放送センター内
北緯35度40分18.35秒 東経139度44分4.09秒 / 北緯35.6717639度 東経139.7344694度 / 35.6717639; 139.7344694 東経139度44分4.09秒 / 北緯35.6717639度 東経139.7344694度 / 35.6717639; 139.7344694
演奏所 #スタジオを参照
リモコンキーID 6
デジタル親局 東京 22ch
アナログ親局 東京 6ch
ガイドチャンネル 6ch
主なデジタル中継局 デジタル中継局参照
主なアナログ中継局 アナログ中継局参照
公式サイト www.tbs.co.jp Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
特記事項:
2001年9月までラテ兼営、コールサインはJOKR
2009年4月1日、東京放送ホールディングス(現・TBSホールディングス)からテレビジョン放送免許を承継。
テンプレートを表示
TBSテレビ
ときめくときを。
基本情報
略称(愛称) TBS
運営(番組供給)事業者 株式会社TBSテレビ
ジャンル 地デジ難視対策衛星放送
放送内容 地上デジタル放送サイマル放送(マルチ編成の場合は主番組のみ)
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
放送事業者 一般社団法人デジタル放送推進協会
チャンネル番号 Ch.296
物理チャンネル BS-17ch
放送開始 2010年3月11日
放送終了 2015年3月31日
公式サイト
特記事項:
地デジ難視対策衛星放送対象リスト(ホワイトリスト)に掲載された地区のみ視聴可能。
テンプレートを表示

前身である「株式会社ラジオ東京」は1951年に一般放送事業者として設立された。その後1955年4月1日、日本国内の民間放送テレビ局として日本テレビに次ぐ2番目に開局し、同時に東京で唯一のテレビ・ラジオ兼営局となった(2001年に分社化)。当時のラジオ東京はニュースネットワーク(JNN)を形成するにあたって新聞色の払拭を進めたことで、多くの地方局をJNNへ取り込むことに成功し、強力な報道体制を確立した。

一方、現「株式会社TBSテレビ」は元々東京放送(株式会社ラジオ東京の当時の商号)の娯楽番組制作を手掛ける制作プロダクション「株式会社TBSエンタテインメント」として設立されたことから、2009年3月まで放送免許は親会社の東京放送が保有していた為、日本民間放送連盟(民放連)に加盟していなかった。

同年4月1日付で東京放送(同日に「株式会社東京放送ホールディングス」に商号変更)が事業分割され、テレビ放送免許の承継を含むテレビ放送事業と、赤坂サカス・赤坂BLITZといった各種施設の運営や催事などの文化事業を承継して、「TBS」の略称を継承した。制作プロダクションから一般放送事業者(現・民間特定地上基幹放送事業者)に転じ、民放連にも加盟した。その他、TBSラジオから同社送信所(埼玉県戸田市)の保守管理業務を受託していた。

事業所

沿革

テレビ放送参入までの歴史についてはこちらを参照

Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
「TBS」の筆記体ロゴ
(1961年8月から1991年9月29日まで使用)
Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
旧社屋竣工当時の外観
(1961年)
Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
ローマン体ロゴ
(1994年1月17日から2020年3月31日まで使用)
  • 1994年(平成6年)
    • 1月:新放送センター完成を前に、VI委員会が新しいステーションコピーとロゴの採用を決定。前年に路線転換されたCIの象徴であった「ミクロコスモス」によるシンボルマークは廃止された。新たなロゴはTBSビジョンデザイン部・小河原義一によるもので、同17日に実施された。
    • 10月3日:現社屋「TBS放送センター」(愛称:ビッグハット)に移転。テレビ局舎はすぐさま解体に入り、旧社屋は「赤坂メディアビル」に改称。この日は、朝5時25分から5時30分と10時30分から11時25分の2回に分けて関東向けに、21時からは全国ネットで約2時間、新社屋移転の特別番組がそれぞれ生放送された(朝5時25分からの特番では社長挨拶、10時30分からの特番では当時の報道・情報番組のキャスターが総出演し放送センター内の紹介、夜の特番では運用開始したA・Bスタジオからの生放送や、社屋移転で運用を終了したテレビ局舎・Gスタジオ内部の様子も放送された)。
  • 1995年(平成7年)1月17日:この日早朝に発生した兵庫県南部地震阪神・淡路大震災)で、当日午前6時50分(『ザ・フレッシュ!』)から、既存の報道・情報系番組はその枠内で、それ以外の時間帯は既存番組の枠大もしくは報道特番などの形を取りながら、1月19日未明までの間、地元局の毎日放送などと共に臨時特別編成を実施(なお毎日放送では当日午前8時30分から1月19日の放送終了まで、CMを全面カット。TBSや系列他局がCMを放送している時間帯を利用し毎日放送の放送エリアに向けて詳細な生活関連情報を伝え続けた。)。
  • 1998年(平成10年)
  • 2000年(平成12年)
    • 2月:20世紀末の初、TBSグループ、JNN、TBSネットワークの共通新シンボルマークとして、漢字の“”をモチーフにした「ジ〜ン」(一般公募)を制定。『JNNニュースの森』(当時)や『筑紫哲也 NEWS23』など全ての『JNNニュース』番組のサブタイトルや、MBSやCBCなど系列局制作も含めた全国ネット番組のクレジットタイトルなどで表示されている。また一部系列局でも、ローカルニュース番組のセットに使用されたことがある(後に廃止)。
    • 3月21日:東京放送は、テレビの娯楽番組制作を行う「株式会社TBSエンタテインメント(現:株式会社TBSテレビ)」、テレビのスポーツ番組制作を行う「株式会社TBSスポーツ(現:株式会社TBSテレビ)」、ラジオ現業部門を行う「株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ(現:株式会社TBSラジオ)」の3つの連結子会社を設立・分社化し、事業を分割。
    • 10月25日ECサイト「TBS i-shop」をオープン。
  • 2001年(平成13年)
    • 3月1日:東京放送は、情報番組・情報生番組の制作を行う連結子会社「株式会社TBSライブ(現:株式会社TBSテレビ)」を設立・分社化し、事業を分割。
    • 10月1日:東京放送は中波放送局の免許(コールサイン:JOKR)を、株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズに承継。これに伴い、テレビ局の呼出符号をJOKR-TVからJORX-TVに、呼出名称も「東京放送」から「TBSテレビジョン」に変更。また、コールサイン「JOKR-TV」は、総務省の取り決めにより分化扱いとなったため返上された。なお、TBSラジオのコールサイン「JOKR」は、従来通り維持。
  • 2002年(平成14年)7月1日:CS放送局「TBSチャンネル」放送開始。
  • 2003年(平成15年)
  • 2004年(平成16年)
    • キャッチフレーズに“チャンネル・ロック”を採用。地上デジタル放送のリモコンキーIDもアナログ放送の送信チャンネルと同様6chであることを受け、固定(lock)や音楽(rock)の意味を込めた。
    • 10月1日:東京放送はTBSエンタテインメントを存続会社として、TBSスポーツ、TBSライブのテレビ子会社3社を合併し、株式会社TBSテレビに商号変更。放送(送信)・経理以外のテレビジョン放送事業全般を1社に集約し、業務委託する。
  • 2005年(平成17年)
    • 2月7日:地上デジタルテレビジョン放送・アナログテレビジョン放送の送出を、簡易マスターから統合型マスター(NEC製アナログ・デジタル統合マスター)に移行。生番組の一部においてハイビジョン化を開始。同時に、論理チャンネル番号「063」を廃止した。
    • 3月:TBS平日ワイド大改編「TBSの変」実施。
    • 4月1日:開局50周年を迎える。
    • 11月1日:PCおよびSTB利用によるブロードバンドテレビ向けの動画オンデマンド配信サービス「TBS BooBo BOX」を開始。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月1日:生番組のほぼ全てにおいてハイビジョン化される。
    • 4月1日:地上デジタルテレビジョンワンセグの本放送を開始。また、テレビのサービスエリアである関東区域内の報道取材が原則としてすべてハイビジョン化される(民放初)。
  • 2007年(平成19年)3月下旬:生番組系で使用される字幕(テロップ)・CGシステムの更新を開始。4月22日をもって完全に新システムへ移行完了。
  • 2008年(平成20年)9月1日:PCおよびSTB利用によるブロードバンドテレビ向けの動画オンデマンド配信サービス「TBS BooBo BOX」を「TBSオンデマンド」にリニューアル。
  • 2009年(平成21年)
    • 2月3日:3月28日までの期間限定トライアルとして「TBSオンデマンド無料見逃しサービス」と題し、地上波ゴールデンプライムタイムで放送の『ラブシャッフル』と『ザ・イロモネア』をPC向けに広告付きで無料配信。
    • 4月1日:東京放送は株式会社東京放送ホールディングスに商号変更して、認定放送持株会社に移行。同時にテレビ放送免許を含むテレビ放送事業を、株式会社TBSテレビに分割・承継。TBSテレビが一般放送事業者となり、同時に略称の「TBS」も継承した。
    • 11月29日放送の『プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ・内藤大助×亀田興毅』が視聴率43.1%を記録、これが年間視聴率1位となった(TBS番組の年間視聴率1位獲得は史上初)。
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日:この日発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で、地震発生から3月14日未明までの間、CM抜きで長時間の報道特別番組を放送。
    • 6月30日:沖縄県大東諸島のデジタル放送中継局開局(同7月1日試験放送、7月23日正式開局)に伴い、アナログテレビ中継放送終了。デジタル放送移行後は本来の琉球放送の中継局が設置された。
    • 7月24日:この日正午をもって地上アナログテレビジョン放送を終了(『アッコにおまかせ!』放送中に終了)、アナログ放送ではブルーバックによるお知らせ画面を流し続け、23時58分ごろ、通常のジャンクション(局名告知)を放映した後、ブラックバックにマスコットキャラクターの「BooBo」が登場して「アナログ放送は終了します」「ありがとうございました」と一礼し、23時59分00秒に停波。地上デジタルテレビジョン放送に完全移行。
  • 2012年(平成24年)6月4日:赤坂サカスを業務区域とするエリア放送地上一般放送局の免許取得。
  • 2013年(平成25年)5月31日午前9時:テレビ送信所東京タワーから東京スカイツリーに移転(東京タワーの送信設備は予備送信所として存続)。
  • 2014年(平成26年)
  • 2015年(平成27年)
    • 3月31日:この日正午をもって、難視聴地域向けのBSセーフティーネットによるサイマル放送終了。
    • 4月1日:開局60周年を迎える。地上デジタル放送の放送局アイコンを変更(「ジ〜ン」が消滅。青地に白抜き字のロゴ)。
    • 9月28日:TBS系列全局にて地上波放送における編成上全ての番組をステレオ放送(一部はモノステレオ放送)に変更された。
  • 2016年(平成28年):C Channel へ出資を行うとともに、スマートフォン向けオンライン動画事業において業務提携を進める。
  • 2017年(平成29年)
  • 2019年(平成31年/令和元年)
Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
現行のグループ共通ロゴ
(2020年4月1日から使用)
  • 2020年(令和2年)
    • 4月1日:令和初、グループ共通のロゴマークへ変更。同時にシンボルマークの「ジ〜ン」が廃止。
    • 10月1日:親会社の株式会社東京放送ホールディングスが株式会社TBSホールディングスに商号変更。
  • 2021年(令和3年)4月1日:全番組の提供クレジットから黒い縁+白テロップ表記を撤廃(※一部企業を除く)し、各社提供・ネットセールス・ローカルセールスを含めてカラー表記に統一。系列局もカラー表記に統一させた。
  • 2022年(令和4年)
    • 4月11日:動画配信アプリ「TVer」にて、地上波ゴールデン・プライムタイムに放送されているTBSテレビ系列番組のインターネット同時配信サービス「TBS系リアルタイム配信」を開始。
    • 8月29日:この日から約1週間ほど、全ての番組の終了時にTBSのロゴムービーと同年夏に導入されたTBSホールディングスのグループ各社共同で使われる「ブランドサウンド」および「From TBS」というコールが入った5秒映像が挿入された(関東地方のみ、系列局では番宣スポット等に差し替え)。
  • 2023年(令和5年)7月5日:「TBS GAMES」のブランド名でコンピュータゲーム事業への参入を発表。
    補足

TBSテレビジョン(東京放送)の新聞ラ・テ等番組表における表記は、ラジオ東京時代(1955年4月1日-1960年11月28日)は「KRテレビ」(←JOKR-TV)や「ラジオ東京テレビ」、東京放送に商号変更後の1960年11月29日から1961年11月30日までは「東京テレビ」(東京放送テレビ)としていたが、「TBS」に対外呼称を統一した1961年12月1日以降は「TBSテレビ」となっている。

開局当日の編成

  • 10:30 - 開局式典実況(足立正ラジオ東京社長から開局メッセージ)
  • 11:00 - 舞踊『二人三番叟(ふたりさんばそう)』
  • 12:25 - 祝賀舞踊
  • 13:00 - 映画①『ウッカリ夫人チャッカリ夫人』②シネマ案内(これで一旦放送休止)
  • 19:00 - 東京テレニュース
  • 19:20 - スポーツ・タイム(スポーツニュース)
  • 19:30 - グランド・パレード
  • 21:00 - 座談『テレビよもやま話』
  • 21:30 - 朝日テレビニュース
  • 21:40 - お笑い三人衆(これで放送終了)

番組一覧

現在放送中の番組については、

既に終了した番組及び廃枠分については、

特色

1963年にはゴールデンタイムの年間視聴率で第1位となり、1981年までの19年間に亘ってトップを維持した。この19年連続年間視聴率1冠以上獲得の記録は在京キー局では現在も破られていない。この頃のTBSは『8時だョ!全員集合』『クイズダービー』『ザ・ベストテン』といった高視聴率番組を何本も制作し、『水戸黄門』は1年間クールの放送で常時30%以上の視聴率を記録していたこともあり「キー局の雄」や「民放の雄」などと称され、日本の民間放送界をリードする存在であった。1978年には民放史上初の年間視聴率三冠王(ゴールデン・プライム・全日でトップ)を達成している。また1970年代には『8時の空』という10分間の気象情報番組で、各地の天気カメラを繋ぐ「お天気カメラリレー」を開始させた。

1982年に年間視聴率三冠王を達成したフジテレビに民放トップの座を明け渡したが、その後も金・土曜の19・20時枠など曜日別・時間別や上期・下期の視聴率ではフジを抜いて民放トップになる事も多く、視聴率首位に躍り出たフジテレビと熾烈な首位争いを続けていた。

1990年には年間視聴率2位の座も日本テレビに奪われ、その勢いに陰りが見え始めた。その後は首位争いに絡む事もなくなり、日本テレビの躍進と、1989年に起きた坂本弁護士一家殺害事件の発端となったとされる「TBSビデオ問題」の発覚が決定打となり、年間視聴率3位に転落する。更に『総力報道!THE NEWS』を放送していた2009年度は多くの番組が低迷するなど、危機的状況に陥る。2010年代では「冬の時代」と言われており、年間視聴率が万年4位だったテレビ朝日をも下回るばかりかNHK総合やテレビ東京をも下回ることも多い。このため起死回生の実施と後述の大型改編を1980年代後半から他局と比して頻繁に行っているが、それが裏目に出るなど、さらなる低迷を促す悪循環に陥る事態になった。そしてこれら長年の経営戦略ミスが続いた結果、2012年にはついに単体売上高までテレビ朝日に抜かれた。これにより年間・年度視聴率・売上高共に民放キー局4位に転落となったが、それでも長年に亘ってTBSが視聴率で敗北することが多かったフジテレビは2011年以降を境に視聴率の低迷が始まったこともあり、TBSが視聴率でフジテレビに勝利する日が増えていった。しかし、近年はTBSが視聴率でテレビ東京にも敗北する日が増加傾向にある。2020年以降は視聴率調査のリニューアルを受け、13〜59歳を“ファミリーコア”に設定した大規模な改編を実施する例が増えている。

そして、2015年の年間視聴率ではゴールデン・プライムの2部門で日本テレビ、テレビ朝日に次ぐ単独3位となり、1981年以来34年ぶりに年間視聴率でフジテレビを上回り、2016年上期時点でのゴールデンタイムにおける視聴率ではテレビ朝日との2位争奪戦を争っていて、遂に2017年上半期の視聴率ではプライムタイムで2位を奪取し、テレビ朝日をも逆転。2017年4月から9月末までの平均視聴率では、ゴールデン・プライムタイムで民放単独2位に躍り出た。

また、2015年夏には1997年8月8日にフジテレビ が東証1部に上場して以来初めてTBS が企業価値評価の指標である株式時価総額でフジテレビを逆転し、以降は株式時価総額で日本テレビ に次ぐ民放2位の座を常時キープしている。

かつては報道番組(『JNN報道特集』や『中村敦夫の地球発22時』等)やテレビドラマが高い人気を誇り、「報道のTBS」や「ドラマのTBS」という異名で知られていた。現在でも報道番組やテレビドラマの制作を得意としているが、近年では『リンカーン』、『爆笑問題のバク天!』、『水曜日のダウンタウン』や『キングオブコント』などに見られるお笑い系バラエティ番組に本腰を入れているためか「笑いのTBS」の異名を取ることも少なくない。

1985年に日本制作の番組としては初めて海外にライセンス輸出されたとしている『わくわく動物ランド』(韓国・KBSなど8か国)を筆頭に自社制作番組の番組フォーマット販売も積極的に行っており、『おもしろビデオ』(アメリカ・ABCやイギリス・ITV)や『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』(タイ・チャンネル7など6か国)などのライセンス権利が日本国外に輸出、世界各国で現地版が制作され放映された。中には『SASUKE』(アメリカ・NBCなど20か国以上)のように海外において社会現象に発展、後にオリンピックの競技種目に採用された番組もある。

労働組合の力が強いことで知られ、労使交渉がまとまらなければ番組を担当するアナウンサーもストライキに入ることがある。2009年3月13日には、『ピンポン!』『2時っチャオ!』『イブニング・ファイブ』など各番組の担当アナウンサー(メイン司会も含む)が視聴者に説明もないまま欠席したため、担当番組を管理職のアナウンサーや外部のフリーアナウンサーが代行出演し穴埋めをした。この他にも赤坂本社内のスタジオ(報道用のNスタとTBSニュースバード(現:TBS NEWS)用のBSスタは除く)については、労組との深夜労働に関する取り決めの関係から、事前に延長使用届を提出していない場合は24時(午前0時)に強制的に照明の電源が落とされる措置がとられている。

2003年からの新卒・中途採用は全て東京放送HDの放送事業会社であるTBSテレビで行っており、2005年度以降の入社組は2004年度以前の入社組(東京放送入社組)とは全く異なる給与体系 であった。その後、東京放送入社組も大半がTBSテレビへ転籍し、2016年度から東京放送HDとTBSテレビの給与体系は完全に統一された。

文字多重放送による字幕放送対応のバラエティ・情報番組が1990年代から、深夜番組でも2000年代後半から当局でも数多く放送されているが、2009年頃から制作費削減のため、字幕放送を行っているレギュラー番組(ドラマ除く)では週によって行う場合と行わない場合がある。ただし、深夜に字幕放送対応している番組に関しては毎週行っており、バラエティ番組では生放送リアルタイム字幕放送を行う場合もある。

2022年現在、全国ネットのみならず、関東ローカルや系列局・BS-TBS制作を含めて一社提供番組が併せて10本以上存在しており、特に土曜や日曜の30分番組に集中している。その中には日立グループ提供の『日立 世界・ふしぎ発見!』のように長寿番組化されているものもある。

芸能事務所ではテレビ朝日同様、ホリプロが古くから番組制作に関わっており、テレビドラマ『赤いシリーズ』をはじめ、同プロダクションが制作および制作協力したドラマやバラエティ番組が多い(ホリプロの制作番組一覧も参照)。また、関口宏および関口が代表を務める三桂とも関わりが深く、長らく月曜19時台に関口宏の冠番組を編成していたほか、現在も関口および所属タレントが出演する『サンデーモーニング』を制作・放送している。

視聴率

1963年から2021年までの年度別の最高視聴率(全て関東地区・ビデオリサーチ調べ) 。その年のバラエティやドラマなどの確定値を記入している。

年度 番組名 放送日時 視聴率
1963 ベン・ケーシー 1月11日21:30〜22:30 50.6%
1964 世界Jウェルター級タイトルマッチ エディ・パーキンスvs高橋美徳 1月4日20:00〜21:11 47.9%
1965 てなもんや三度笠 11月21日18:00〜18:30 41.6%
1966 てなもんや三度笠 10月2日18:00〜18:30 49.4%
1967 世界Jライト級タイトルマッチ フラッシュ・エロルデvs沼田義明 6月15日21:00〜22:15 48.5%
1968 世界Jウェルター級タイトルマッチ 藤猛vsニコリノ・ローチェ 12月12日21:00〜22:15 47.3%
1969 ザ・ガードマン 1月17日21:30〜22:30 37.4%
1970 8時だョ!全員集合 12月26日20:00〜20:56 45.7%
1971 8時だョ!全員集合 1月23日、30日20:00〜20:56 50.4%
1972 ありがとう(第2シリーズ) 12月21日20:00〜20:55 56.3%
1973 ありがとう(第2シリーズ) 最終回 1月18日20:00〜20:55 55.2%
1974 第16回 1974年度 輝く!日本レコード大賞 12月31日19:00〜20:55 45.7%
1975 第17回 1975年度 輝く!日本レコード大賞 12月31日19:00〜20:55 43.0%
1976 第18回 1976年度 輝く!日本レコード大賞 12月31日19:00〜20:55 41.9%
1977 第19回 1977年度 輝く!日本レコード大賞 12月31日19:00〜20:55 50.8%
1978 WBA世界Jフライ級タイトルマッチ 具志堅用高vsハイメ・リオス 5月7日19:30〜20:55 43.2%
1979 水戸黄門(第9部) 最終回 2月5日20:00〜20:55 43.7%
1980 水戸黄門(第10部) 1月21日20:00〜20:55 42.4%
1981 8時だョ!全員集合 2月21日20:00〜20:55 47.6%
1982 8時だョ!全員集合 1月30日20:00〜20:55 37.1%
1983 積木くずし 〜親と子の200日戦争〜 最終回 3月29日20:00〜20:54 45.3%
1984 さよなら1984 ザ・ベストテン豪華版 12月27日19:00〜21:55 34.4%
1985 8時だョ!全員集合 最終回 9月28日20:00〜20:54 34.0%
1986 男女7人夏物語 最終回 9月26日21:00〜21:54 31.7%
1987 男女7人秋物語 最終回 12月18日21:00〜21:54 36.6%
1988 クイズダービー 10月22日19:30〜20:00 33.6%
1989 水戸黄門(第18部) 最終回 5月1日20:00〜20:54 34.1%
1990 水戸黄門(第19部) 2月5日20:00〜20:54 32.1%
1991 金曜ドラマ ふぞろいの林檎たちIII 第1話 1月11日22:00〜22:54 23.8%
1992 金曜ドラマ ずっとあなたが好きだった 最終回 9月25日22:00〜22:54 34.1%
1993 金曜ドラマ 誰にも言えない 最終回 9月24日22:00〜22:54 33.7%
1994 WBC世界バンタム級統一王座決定戦 薬師寺保栄vs辰吉丈一郎 12月4日19:30〜20:54 39.4%
1995 スペースJ 5月3日21:00〜22:25 32.6%
1996 '96 アトランタオリンピック 7月28日19:30〜23:34 36.6%
1997 橋田壽賀子ドラマスペシャル 渡る世間は鬼ばかり(第3シリーズ) 3月27日21:00〜22:54 34.2%
1998 さんまのSUPERからくりTV 2月1日19:00〜20:00 27.0%
1999 木曜ドラマ 魔女の条件 最終回 6月17日22:00〜22:54 29.5%
2000 日曜劇場 ビューティフルライフ 最終回 3月26日21:03〜22:24 41.3%
2001 WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則vsジュリアン・ロルシー 7月1日19:10〜20:25 27.9%
2002 FIFAワールドカップ アルゼンチンvsイングランド 6月7日20:10〜22:25 41.6%
2003 日曜劇場 GOOD LUCK!! 最終回 3月23日21:03〜22:09 37.6%
2004 日曜劇場 砂の器 1月18日21:00〜22:09 26.3%
2005 金曜ドラマ 花より男子 最終回 12月26日22:00〜22:54 22.4%
2006 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 亀田興毅vsファン・ランダエタ 8月2日20:25〜21:49 42.4%
2007 日曜劇場 TBS開局55周年記念ドラマ 華麗なる一族 最終回 3月18日21:00〜22:24 30.4%
2008 WBA世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助vsポンサクレック 3月8日19:43〜20:54 26.3%
2009 2009ワールドベースボールクラシック 決勝戦 日本vs韓国 3月20日10:05〜13:54 40.1%
2010 FIFAワールドカップ 日本vsパラグアイ 6月29日22:40〜25:10 57.3%
2011 日曜劇場 JIN-仁- 完結編 最終回 6月26日21:00〜22:48 26.1%
2012 ロンドンオリンピック サッカー男子準決勝 日本vsメキシコ 8月7日24:25〜27:00 22.7%
2013 日曜劇場 半沢直樹(2013年版) 最終回 9月22日21:00〜22:19 42.2%
2014 日曜劇場 S -最後の警官- 1月12日21:00〜22:19 18.9%
2015 世界野球プレミア12 準決勝 日本vs韓国 11月19日19:01〜22:56 25.2%
2016 リオデジャネイロオリンピック 女子マラソン 8月14日21:00〜24:14 22.6%
2017 2017ワールドベースボールクラシック 2次ラウンド 日本vsキューバ 3月14日19:42〜22:50 27.4%
2018 ピョンチャンオリンピック スピードスケート女子500m決勝 2月18日20:00〜22:00 21.4%
2019 サンデーモーニング 1月27日8:00〜9:54 16.7%
2020 日曜劇場 半沢直樹(2020年版) 最終回 9月27日21:00〜22:09 32.7%
2021 日曜劇場 ドラゴン桜(第2シリーズ) 最終回 6月27日21:00〜22:09 20.4%
2022 日曜劇場 DCU (テレビドラマ) 初回 1月16日21:00〜22:19 16.8%
2023 2023 ワールド・ベースボール・クラシック 一次ラウンド 日本×韓国 3月10日19:37〜23:20 44.4%

制作番組

報道・情報番組

報道は開局当初から積極的に力を入れてきた分野であり、現在に至るまでTBSテレビの看板的存在となっている。現在、『Nスタ』、『News23』、『報道特集』、『サンデーモーニング』などのニュース番組を報道局が制作し、『THE TIME,』、『ひるおび』、『情報7DAYS ニュースキャスター』などの情報番組を情報制作局が制作している。

一方で、ゴールデンタイムやプライムタイムでは、過去に『JNNニュース22プライムタイム』や『総力報道!THE NEWS』などの大型報道番組を投入し、大規模な番組改編を行ったが、視聴率低迷の影響でわずか1年で終了している。

スポーツ

2002年から2011年まで、親会社の東京放送ホールディングス(現・TBSホールディングス)がプロ野球・横浜ベイスターズの運営母体を務め、同局ではベイスターズの試合を中継する傍ら、関連番組も制作していた。2012年以降、球団はDeNAに譲渡されたが、引き続きTBSホールディングスの資本が残るため、テレビ中継に必要な放送権は維持されている。

2000年代後半以降の地上波全国ネット中継は、ゴールデンタイムのレギュラー番組および後述する他競技の国際大会中継を優先する編成方針から、ナイターは日本シリーズ・侍ジャパン戦、デーゲームはDeNA・中日(CBCテレビ制作)・阪神(毎日放送制作)・広島(中国放送・TBSテレビ共同制作)対巨人戦に限られている。

2007年まで、CSでの中継は、当時フジテレビ系でTBSも出資していたJ SPORTSで行われていたが、2008年以降はTBSテレビ直営のTBSニュースバードでの全試合完全生中継に移行、2014年以降はTBSチャンネル2がメインとなった。

また、野球関連では2006年より4年に1度開かれているワールド・ベースボール・クラシックをテレビ朝日(2006年は日本テレビも)と分け合う形で中継している。

古くから格闘技中継に積極的である。ボクシングでは、1960年代に極東ボクシングクラブとの提携で『東洋チャンピオンスカウト』を放送。1978年に協栄ボクシングジム主催の元『ガッツファイティング』と題した中継枠を設け、以降、具志堅用高や鬼塚勝也、佐藤修、坂田健史など同ジムに所属するボクサーの世界タイトル戦やその前哨戦を中継している。また、2000年頃から浪速のボクシング兄弟として地元で話題になっていた「亀田三兄弟」に密着取材するようになり、彼らがプロデビューして間もない2004年より2013年までTBSが独占的に試合の模様を中継していた。現在ボクシング中継の中心に据えているのは、日本人選手最速となるプロ18戦目での3階級制覇、日本人男子初の4階級制覇を達成した井岡一翔である。また、2012年以降はそれまでの格闘技に代わり、大晦日に行われる世界タイトルマッチを生中継している。

その他の格闘技では、1960年代後半にキックボクシングのテレビ放映にいち早く乗り出し、ブームに大きく貢献。1968年から1974年まで国際プロレス(『TWWAプロレス中継』)の中継を実施し、1990年代前半には、高田延彦が創設したプロレス団体・UWFインターナショナルの試合の模様を中継していた。2001年の大晦日、立ち技格闘技『K-1』や総合格闘技『PRIDE』などで活躍する選手が一堂に会した格闘技イベント『INOKI BOM-BA-YE』を放映、『NHK紅白歌合戦』の裏で15%以上の視聴率を獲得し健闘した。2002年からはK-1の中軽量級部門『K-1 WORLD MAX』も放映。2003年には『K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!』の瞬間最高視聴率が43.0%を記録、民放の裏番組として初めて紅白歌合戦の視聴率を超える快挙を達成 したが、格闘技ブームの終焉に伴い、2011年を最後にこれらの格闘技中継から撤退している。

1997年からは世界陸上競技選手権大会(世界陸上)の国内独占放送権を獲得しており、同年のアテネ大会以降の大会を全て放送している。またTBSテレビは世界陸上の主催団体であるワールドアスレティックス(WA)のオフィシャルスポンサーも務めている他、日本で毎年開催されるゴールデングランプリ陸上も放送している。国内の陸上競技大会では毎年11月の全日本実業団対抗女子駅伝大会(クイーンズ駅伝 in 宮城)及び1月の全日本実業団対抗駅伝大会(ニューイヤー駅伝)を中継している。

Jリーグ中継(日本プロサッカーリーグ)は1993年のJリーグ元年から主に横浜マリノス→横浜F・マリノスの主催試合を『J-LEAGUE WIDE』として中継していたが、2002年以後放映権を取得し、地上波では主に関東地区をホームタウンとするクラブの主催試合を不定期で、BSのBS-TBS(開局当初の名称はBS-i)とCSのTBSチャンネルでは毎週生中継をしていたが、スカパー!e2のBS放送強化などによる移行・特化を理由にBS-TBSでの定期放送は2011年で終了。2012年からはスカパー!(2017年以降はDAZN)からサブライセンスを受ける形で、TBSチャンネルと一部地上波のみの中継になった。

1990年よりバレーボール世界選手権の国内独占放映権を獲得し、日本開催時(1998年男女・2006年男女・2010年女子・2018年女子)にはホスト局として国際映像制作に当たっている。また、2006年には日本で開催されたバスケットボール世界選手権の地上波独占中継を実施した。

国内の民放局で唯一、アジア太平洋放送連合(ABU)に正会員として加盟しているため、NHKとともにアジア競技大会を中継している。

1986年まではフォーミュラ1の中継も行っていた(1976年F1世界選手権イン・ジャパン・1977年日本グランプリも中継したが、当時の放送形態はフジテレビのような完全中継ではなく月1回のダイジェスト版だった。なお、1976年F1世界選手権イン・ジャパンは毎日新聞社を通じてTBSとは兄弟関係にあるスポーツニッポン新聞社の主催だった)。

バラエティ・音楽番組

1959年、旅番組の草分けとなる『兼高かおる世界の旅』がスタートした(1990年終了)。また、1968年には戦前から存在していた落語興行『落語研究会』を復活。現在も月一回ペースでテレビ放送しており、興行・放送ともホール落語の中では高い人気を誇っている。

大掛かりなセットを組んでコントやゲーム番組を行うことに強みを持っており、古くは『8時だョ!全員集合』や『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』、『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』、『関口宏の東京フレンドパークII』などがある。特に1990年代以降は『筋肉番付シリーズ』が人気を博し、そこから派生した『SASUKE』は『Ninja Warrior』(ニンジャ ウォーリアー)のタイトルで世界各国で放映され、高い人気を得ている。2000年代後半以降は『あらびき団』に代表される一風変わった作風の番組も制作しており、特に『水曜日のダウンタウン』などはその悪意ある演出から人気を博している。2021年からは『ラヴィット!』をスタートさせ、平日朝8・9時台にバラエティ番組を編成する独自路線が功を奏し、人気を博している。

音楽番組においても『ロッテ 歌のアルバム』、『ザ・ベストテン』、『うたばん』などヒット番組を生んでいる。また、1959年から始まった日本レコード大賞を開始当初から放送しており(番組としては『輝く!日本レコード大賞』、生放送になったのは1969年以降)、この成功に刺激を受ける形で他局が同様の歌謡賞(日本歌謡大賞など)を設けるなどの影響を与えたが、1990年代以降は影響力が大幅に減少している。また、1975年からは日本有線大賞の中継も終了した2017年まで独占放送していた。2000年代以降は『ベストテン』『レコ大』などの映像資産を活用した懐メロ番組が放送されるようになった。

ドラマ

テレビドラマは内外からの評価が高く、テレビ関係の賞も多く受賞している。テレビ黎明期の1958年に制作された単発ドラマ『私は貝になりたい』の大ヒットで、ドラマ分野は報道番組と並んでTBSの看板となり、「ドラマのTBS」と称されている。1960年代から1970年代にかけては『肝っ玉かあさん』、『ありがとう』、『時間ですよ』、『寺内貫太郎一家』などのホームドラマが人気を博した。

1960年代終盤から10年近く、木下恵介監督と組み「木下恵介アワー」など多くの話題作を制作。各方面で高く評価される。

1979年には武田鉄矢主演の『3年B組金八先生』が放送を開始、2011年まで断続的に制作される人気シリーズとなった。

また、時代劇では松下電器と組み、『ナショナル劇場』→『パナソニック ドラマシアター』枠で『水戸黄門』『大岡越前』『江戸を斬る』といった長期シリーズを放送していたが、2011年12月の『水戸黄門 第43部』を最後に終了した。

1956年に放送開始したテレビドラマ枠「日曜劇場」は、60年以上の歴史を持つドラマ枠で、当初は基幹5局 の持ち回り制作による一話完結のドラマ枠として放映していた。1993年4月よりTBS単独制作・連続ドラマの放送枠となり、以降は木村拓哉主演作品(『ビューティフルライフ』、『GOOD LUCK!!』など)や池井戸潤原作作品(『半沢直樹』、『下町ロケット』など)を中心に高視聴率や話題となった作品も多い。

1972年に放送開始した「金曜ドラマ」も45年の歴史を持つドラマ枠で野島伸司脚本作品(『高校教師』、『聖者の行進』など)、一大ブームを巻き起こした『ずっとあなたが好きだった』や『花より男子』などを中心に高視聴率や話題となった作品も多い。

開局当初から大映テレビ制作作品を断続的に放送しており、『東京警備指令 ザ・ガードマン』、山口百恵主演の『赤いシリーズ』、『スクール☆ウォーズ』、『テセウスの船』など高視聴率や話題となった作品も数多い。

1986年に制作された『男女7人夏物語』は、1980年代末期から1990年代初頭にかけて大ブームとなった「トレンディドラマ」の根幹を築いた作品となり、この手法は同年代のフジテレビのドラマ制作にも生かされるきっかけとなった。

2010年代後半以降は「火曜ドラマ」が若い女性視聴者からの支持を受け、『逃げるは恥だが役に立つ』や『義母と娘のブルース』といった人気作を多数生み出している。

民放では比較的早い1990年代後期からハイビジョン撮影を行なっており、当時の一部作品はハイビジョン実用化試験放送でも放送された。

アニメ

1962年に『おとぎマンガカレンダー』より、連続テレビアニメーション作品に参入し、1960年代後半は『オバケのQ太郎』、『パーマン』、『怪物くん』など藤子不二雄原作の作品が多く放送されていた。

1992年9月にゴールデンタイムで放映されていた『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』が終了。MBS制作分の『まんが日本昔ばなし』を除き、在京キー局でいち早くゴールデンタイムからアニメ枠を撤退させた。2003年4月に、火曜19時枠に『探偵学園Q』の放送を開始し、『~ダイの大冒険』終了から10年7ヶ月振りにゴールデンタイムにアニメ枠を復活させたが、わずか半年で土曜夕方ローカルセールス枠に異動となっている。
2016年4月、土曜朝7時枠において『探偵学園Q』全国ネット終了から12年7ヶ月ぶりにTBS自社製作全国ネットの全日枠アニメが復活。翌2017年3月まで子供向けアニメ『カミワザ・ワンダ』を約1年放送した。2017年4月改編より土曜朝6時30分枠をMBS製作枠(日曜17時枠からアニメ枠としては移転)とし、両局の共同アニメ枠『アニメサタデー630』を立ち上げていたが、2019年6月をもって廃枠。これに伴い民放では初となる全日帯30分枠のアニメを放送しない系列となり、同時に小学校低学年及び未就学児をメインターゲットとした番組(特撮・バラエティ・教養番組を含む)の制作からも撤退した。

その後、2022年1月29日に準キー局の毎日放送が2017年3月まで放送されていた日曜17時台前半のアニメ枠(通称:日5)を10月より再開する事を発表。これに先立ち、同年4月より2020年10月から2021年3月まで後述の『スーパーアニメイズム』にて放送されていた『呪術廻戦』のテレビアニメ第1期を同枠にて再放送する事が同作品の公式Twitterで発表され、現在は「シャングリラ・フロンティア」を放送している。これにより、前述の「アニメサタデー630」終了以来2年9ヶ月ぶりに、同局系列における全日帯30分アニメ枠が復活。2023年10月からはTBSテレビ製作の全国ネットアニメ枠を日5の直前の日曜16時台後半枠に設置することにより、TBSテレビも4年3ヶ月ぶりに全日帯の全国ネットアニメの制作に復帰し、(第1作は『七つの大罪 黙示録の四騎士』)2024年1月からは木曜23時56分のMBS製作のアニメ枠がTBSテレビ製作に移行され(移行後の第1作は『勇気爆発バーンブレイバーン』)、TBSテレビ製作による全国ネットのアニメ枠は2枠となる。。

CBCテレビ(分社化前の中部日本放送)制作のアニメは、2011年の『ラストエグザイル-銀翼のファム-』を最後に放送されていなかったが、2024年4月改編で日曜2330枠の『アガルアニメ』枠で復活する。

1990年代半ばから2000年代前半にかけて、TBSと系列局(MBS・CBC)の共同制作の作品も数本存在した。

2023年夏の組織改編で「アニメ事業部」が新設され(在京キー局ではテレビ東京・日本テレビに次ぐ)、アニメへの投資を本格化させる方針が示されているほか、長らくアニメ事業に取り組んできたMBSとの連携を強化する方針も示している。

    深夜アニメ

2000年代に入り深夜アニメの製作・放送を開始。2004年10月期以降、TBSでは自社制作深夜アニメは基本的に金曜未明(木曜深夜)2枠体制となっているが、水曜未明(火曜深夜)にも臨時的に枠を設ける場合がある(JNN全28局ネットだった『けいおん!!』など))。

稀に自社出資ながら関東地区などではUHFアニメも手掛けており、2009年10月よりTBS系列東名阪ネットで再放送された『魔法少女リリカルなのはA's』は、「元はUHFアニメとして放送された作品をキー局で再放送する」という異例の形(史上初)で放送された。その後にも2017年10月より『中二病でも恋がしたい!』シリーズ2作品が同様のパターンで再放送されている。

    イベント関連

深夜アニメの製作に積極的になる2001年夏より自社製作作品の宣伝を兼ねたイベントとして「TBSアニメフェスタ」を2015年まで毎年開催していた。そのほかコミックマーケットにもTBS(アニメ)ブースを出展、更にアニメ専門ECサイト『アニまるっ!』を開設している。

特撮

TBSが制作していた特撮番組としては、円谷プロダクション制作の「ウルトラシリーズ」が有名だが、平成以降は、『ウルトラマンティガ』から『ウルトラマンコスモス』(平成ウルトラマンシリーズ)は毎日放送、『ウルトラマンネクサス』から『ウルトラマンメビウス』と深夜枠で放送の『ULTRASEVEN X』はCBCテレビが制作した。その後テレビ東京に平成第3期〜令和シリーズの制作権を譲渡した後も、ウルトラマンフェスティバルなどのウルトラマン関連のイベントにも関わっているが、2010年代以降、ウルトラマンフェスはTBSラジオ主催へと変更になっている。

腸捻転解消以降、「昭和仮面ライダーシリーズ」(『仮面ライダーストロンガー』から『仮面ライダーBLACK RX』まで)を毎日放送制作の下に放映していたが、平成仮面ライダーシリーズからは、シリーズを共同制作する東映が大株主であり、初代シリーズから『仮面ライダーアマゾン』までをMBSからネット受けしていたテレビ朝日が制作・放送している(これに伴い関西地区の放送局は朝日放送テレビに変更)。

大型番組改編

1987年

この年に行われた大改編は報道番組が中心であった。

1987年10月、帯ニュース番組『JNNニュース22プライムタイム』を開始させる。これに伴い、1984年から18時30分 - 19時20分というゴールデンタイムに食い込む形で放送されていた夕方全国ニュース『JNNニュースコープ』が再び19時までの放送時間へと縮小された。また、最終便ニュース『ネットワーク』も終了した。

放送時間の確保のため、月-金曜22時に放送されていた『月曜ロードショー』(21時からの2時間枠)や『そこが知りたい』、「金曜ドラマ」などを枠移動させた。しかし、鳴り物入りでスタートした『プライムタイム』だったが、1年で番組が終了。その後『JNNニュースデスク'88・'89』となったが、1989年秋に月-金曜22時台から帯ニュース番組を終了させ、『筑紫哲也 NEWS23』で再び23時台に戻った。

1992年

1992年にはバラエティ番組とクイズ番組の大改革が行われている。

前年12月に開局40周年を迎えたものの、一部番組の低迷が顕著だったため、同年に入り、当時の社長・磯崎洋三が大改革を掲げた鶴の一声を発した影響から、春改編より一部番組の終了やリニューアルが実施され、秋改編では月曜日から木曜日の19時台に『ムーブ』という日替わりのバラエティ番組枠を誕生させた。

ただ、この影響で、月曜日夜にあった『クイズ100人に聞きました』や『わいわいスポーツ塾』を筆頭に、水曜日夜にあった『わくわく動物ランド』、土曜日夜にあった『クイズダービー』、『KATO&KENテレビバスターズ』など、1970年代から1980年代にスタートした名物番組の多くを、視聴率の良し悪しや地域差などにかかわらず終了させている。1992年だけでTBSは昭和時代から放送されていたクイズ番組が5本終了することになった。

しかし、この大改革も『関口宏の東京フレンドパーク』と『上岡龍太郎がズバリ!』が存続(前者に関してはムーブ枠での放送終了後、司会の関口宏を続投させる形で『関口宏のPAPAパラダイス』を半年間放送した後、『関口宏の東京フレンドパークII』にリニューアルした上での再開。後者は番組タイトルを2回変更し、最終的には1996年9月まで放送)したのみで、失敗に終わっている。これらの改革の失敗により、TBSの視聴率はそれまで万年4位であったテレビ朝日にも番組によっては抜かれることが多くなった。

そこに追い討ちをかけるように、1996年にはいわゆる「TBSビデオ問題」が発覚、この頃より同局に対して世間からは厳しい目が向けられるようになった。

2005年

2009年

放送地域

放送対象地域は関東広域圏である。

Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
JNN系列のリモコンキーID地図

呼出符号、呼出名称、チャンネル

デジタル放送の概要

Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
現在の送信所である東京スカイツリー

中継局

東京都

  • 新島 - 22ch
  • 伊豆大島 - 45ch
  • 八丈 - 32ch
  • 青梅沢井 - 22ch
  • 八王子 - 22ch
  • 新島本村 - 22ch
  • 八王子上恩方 - 36ch
  • 鶴川 - 39ch
  • 小仏城山 - 42ch

茨城県

  • 水戸 - 15ch
  • 日立 - 15ch
  • 十王 - 41ch
  • 山方 - 22ch
  • 常陸鹿島 - 22ch
  • 日立神峰 - 22ch
  • 竜神平 - 22ch
  • 北茨城 - 15ch
  • 奥久慈男体 - 22ch
  • 大子 - 15ch
  • 里美 - 15ch
  • 御前山 - 22ch
  • 水府 - 15ch
  • 笠間 - 33ch
  • 岩瀬 - 22ch
  • 那珂湊 - 22ch

栃木県

  • 宇都宮 - 15ch
  • 矢板 - 15ch
  • 足利 - 22ch
  • 今市 - 22ch
  • 馬頭 - 22ch
  • 日光清滝 - 38ch
  • 鹿沼 - 33ch
  • 足尾 - 39ch
  • 那須伊王野 - 22ch
  • 日光広久保 - 16ch
  • 黒羽中野内 - 22ch
  • 烏山神長 - 22ch
  • 南那須志鳥 - 22ch
  • 黒羽川上 - 36ch

群馬県

  • 前橋 - 36ch
  • 沼田 - 22ch
  • 利根 - 22ch
  • 吾妻 - 22ch
  • 下仁田 - 22ch
  • 桐生 - 22ch
  • 草津 - 15ch
  • 片品 - 14ch
  • 川場 - 22ch
  • 沼田発知 - 27ch
  • 桐生梅田 - 31ch
  • 嬬恋田代 - 36ch
  • 沼田沼須 - 27ch
  • 倉渕 - 15ch
  • 妙義 - 30ch
  • 横川 - 22ch
  • 嬬恋干俣 - 36ch
  • 片品東小川 - 22ch
  • 子持小川原 - 15ch
  • 利根大原 - 22ch
  • 白沢 - 20ch
  • 松井田上増田 - 15ch

埼玉県

  • 秩父 - 22ch
  • 小鹿野 - 57ch
  • 児玉 - 22ch
  • 鬼石 - 20ch
  • 秩父定峰 - 39ch
  • 秩父栃谷 - 39ch
  • 風布- 22ch
  • 飯能上赤工 - 36ch
  • 横瀬根古谷 - 36ch
  • 飯能原市場 - 36ch

千葉県

  • 銚子 - 22ch
  • 東金 - 22ch
  • 大多喜 - 22ch
  • 君津 - 22ch
  • 長南 - 15ch
  • 市原加茂 - 41ch
  • 勝浦 - 22ch
  • 館山 - 22ch
  • 小見川 - 22ch
  • 佐原 - 22ch
  • 下総光 - 22ch
  • 丸山 - 41ch
  • 勝浦総野 - 41ch
  • 鴨川 - 48ch

神奈川県

  • 平塚 - 22ch
  • 小田原 - 36ch
  • 南足柄 - 36ch
  • 湯河原 - 36ch
  • 愛川 - 45ch
  • 箱根湯本 - 36ch
  • 横須賀武 - 36ch
  • 相模湖 - 22ch
  • 仙石原 - 36ch
  • 山北 - 22ch
  • 津久井 - 45ch
  • 久里浜 - 36ch
  • 逗子 - 36ch
  • 秦野 - 36ch
  • 横須賀鴨居 - 50ch
  • 湯の沢 - 14ch
  • 笹下 - 22ch
  • 釜利谷 - 45ch
  • 秦野菩提 - 29ch
  • 中井 - 36ch
  • 戸塚 - 22ch
  • 鎌倉 - 36ch
  • 衣笠 - 36ch
  • 大船 - 36ch
  • 箱根強羅 - 46ch
  • 小田原東 - 46ch
  • みなとみらい - 45ch
  • 藤野 - 45ch

エリア放送の概要

免許人 局名 呼出符号 物理
チャンネル
周波数 空中線電力 実効輻射電力 業務区域
株式会社TBSテレビ TBS赤坂エリア放送 JOXZ3AA-AREA 45ch 665.142857 MHz 10 mW 8.9 mW 赤坂5丁目
赤坂サカス周辺

アナログ放送の概要

2011年7月24日を以て終了。

  • 呼出符号
    • テレビ放送 - JORX-TV
    • 音声多重放送 - JORX-TAM
    • 文字多重放送 - JORX-TCM
    • データ多重放送 - JORX-TDM
      • 2001年9月30日まではJOKR-***(***は上と共通)であった。
  • 呼出名称 - TBSテレビジョン(2001年9月30日までは東京放送
  • チャンネル - 送信所:東京タワー 第6チャンネル(映像周波数183.25MHz・同出力50kw、音声周波数187.75MHz・同出力12.5kw)他99中継局。

中継局

    東京都
  • 大井町 - 72ch(品川区)(SHF)
  • 八王子 - 37ch
  • 多摩 - 53ch
  • 新島 - 56ch(垂直偏波
  • 八丈島 - 6ch
  • 三宅島 - 6ch
  • 小笠原父島 - 55ch
    茨城県
  • 水戸、(ひたちなか) - 40ch(垂直偏波)
  • 鹿嶋 - 37ch
  • 日立 - 56ch
  • 十王、(高萩) - 55ch
    栃木県
  • 宇都宮 - 55ch
  • 今市、(鬼怒川) - 56ch
  • 日光 - 55ch(垂直偏波)
  • 矢板 - 42ch
    群馬県
  • 前橋 - 56ch
  • 下仁田 - 55ch(垂直偏波)
  • 桐生 - 55ch
  • 沼田 - 55ch
    埼玉県
  • 本庄 - 55ch(垂直偏波)
  • 秩父、(小鹿野) - 18ch
    千葉県
  • 成田 - 55ch
  • 銚子 - 55ch
  • 香取佐原 - 56ch
  • 勝浦 - 55ch
  • 館山、(千倉) - 56ch(垂直偏波)
    神奈川県
  • 山下町 - 73ch(SHF)
  • 横浜みなと - 56ch
  • 横須賀久里浜 - 39ch
    (北方向は水平偏波・南方向は垂直偏波)
  • 平塚 - 37ch(垂直偏波)
  • 小田原、(箱根、真鶴、湯河原) - 56ch
    沖縄県
  • 南大東島 - 56ch
  • 北大東島 - 44ch
    など

区域外再放送

山梨県・長野県・静岡県の各一部地域のCATV事業者は各県に系列局はあるものの激変緩和措置として、区域外再放送をアナログ放送終了後3年間(2014年7月24日まで)を限度として実施していた。緩和措置の期間満了後は個別協議により次の通り継続実施していたが、2018年9月30日をもって当局を区域外再放送するケーブルテレビ局は無くなった。

静岡県

歴代のキャッチコピー

  • みんなで楽しい第6チャンネル(1963年頃)
  • お隣も6チャンネルのようです(1975年 - 1979年3月)
  • もうひとつの家族(1979年4月 - 1980年3月)
  • TBS For The Best!(1980年4月 - 1987年9月)
  • この夏、手応えあり。(1983年頃)
  • もう1人の家族・・・(1983年頃)
  • 心にいいから6チャンネル(1986年4月)
  • 見せる気まんまん6チャンネル(1986年10月)
  • こころ満開6チャンネル(1987年4月)
  • もっと素敵に。TBS(1987年10月 - 1991年9月、TBSラジオと共通)
  • この秋、ドラマチック。(1989年10月)
  • 知涌き、楽踊る。(1990年4月)
  • 予感。(1991年4月)
  • やるテレビ ぼくはリアルだ。TBS(1991年10月 - 1992年3月)
  • テレビが好きですTBS(1992年4月 - 1992年9月)
  • 人間の味がするTBS(1992年10月 - 1993年3月)
  • テレビ道 TBS(1993年4月 - 1993年9月)
  • だいたん、ていねい。(1993年10月 - 1994年3月)
  • YES,TBS.(1994年4月 - 1998年3月、TBSラジオと共通)
  • 6TBS(1998年4月 - 1999年3月)
  • 夢をつなぐ橋。TBS(1999年4月 - 2000年3月)
  • 未来箱(みらいっぱこ)。TBS(2000年4月 - 2002年3月)
  • TBooS(2002年4月 - 2004年3月)
  • チャンネル・ロック!!(2004年4月 - 2008年3月)
  • 全力まじめ TBS(2008年4月 - 2008年9月)
  • No TV? but TBS(2008年10月 - 2010年3月)
  • TBS6チェン!(2010年4月 - 2011年3月)
  • with heart TBS(2011年4月 - 2012年3月)
  • それ、TBSがやります。(2012年4月 - 2013年3月)
  • 未来の子どもたちに今、テレビが伝えられること TBS6ch(2013年4月 - 2015年3月)
  • 未来へつなぐ。From TBS(2015年4月 - 2016年3月)
  • From TBS(2016年4月 - 2023年9月)
  • ときめくときを。(2023年10月 - 、TBSグループ共通のブランドメッセージ)

コーポレート・スローガン

  • この窓は、キミのもの。(2003年4月 - 2006年3月)
  • 「おもしろくって、ためになる」テレビ局 TBS(2006年4月 - 2020年3月)
  • 最高の時で、明日の世界を作る。From TBS(2020年4月 - 2023年9月)
  • ときめくときを。(2023年10月 - )

マスコットキャラクター

豚でもない熊でもない架空のキャラクター「BooBo」(ブーブ)。デザイナーは佐野研二郎。

2013年3月「BooBo」の友達としてピンク色の「Boona」(ブーナ)が加わった。

他のキャラクターには、ドラマ再放送枠を担当していた黄色の「サイのピート君」(好きな食べ物:餃子、嫌いな食べ物:鳥皮)が存在した。

スタジオ

Tbsテレビ: 概要, 事業所, 沿革 
TBS放送センター

TBS放送センター(ビッグハット)

緑山スタジオ・シティ

報道用サテライトスタジオ

ほか

過去に存在したスタジオ

  • 旧・テレビ局舎スタジオ
  • 砧スタジオ(略称TMC)

その他

1987年に日比谷シャンテ(現・TOHOシネマズシャンテ)内にサテライトスタジオを開設し(管理は千代田ビデオが担当)、TBS本局と専用の映像回線で結ばれていたため生放送での利用も可能だったことから、『新伍のお待ちどおさま』『平成名物TV』などの放送が同スタジオから行われていたが、1994年に閉鎖されている(現在のスクリーン3)。また同じく千代田ビデオが管理する科学技術館内のスタジオもサテライトスタジオ的に使われ、『3時にあいましょう』→『スーパーワイド』(1994年まで)『料理天国』等の生放送や収録などに利用されていた。

情報カメラ設置ポイント

      苗場カメラは、冬季のみで主に天気番組(コーナー)で映像が使用される。なお、苗場スキー場がある地域は、新潟放送の放送エリアである。また、系列ホテルである新宿プリンスホテルにはテレビ朝日の情報カメラが設置されている。
  • 静岡県
    • 静岡放送が自社エリア内である静岡県伊東市および熱海市に設置している情報カメラも専用回線により同社東部総局(沼津市)経由にて受信可能(TBSからのカメラ操作はできないが、静岡放送の了解のもと、映像の独自使用が可能)
  • TBSの情報カメラは浅間山及び地震対応カメラを除き、すべて画角16:9。銚子、隅田川、浅間山及び地震対応カメラを除きHD対応。
  • 地震発生時の瞬間映像を撮影するため、水戸市千葉市さいたま市宇都宮市など関東の複数地点にカメラが設置されている(ただし全て画角4:3のSD映像)。
  • このうち、新宿駅南口・浅草・横浜・箱根町の情報カメラは、TBS NEWS DIGのYoutubeチャンネルで24時間ライブ配信を行っている。
  • 過去には、1972年から1994年の放送センター完成まではTBS旧社屋舎鉄塔の地上50m部分に設置されており、本館の屋上(1971年4月から1972年は別の場所)にもスタジオ用カメラを設置していた。箱根星の王子さまミュージアムにも2023年の閉館まで設置されていた(基本的に常設であるが、使用頻度は低かった)。

映画製作

日本映画は「製作委員会方式」で作られる作品が主流で、TBSが制作・出資に関わる映画は、JNN基幹局の毎日放送・北海道放送・CBCテレビ・RKB毎日放送も制作委員会に名を連ねている作品が多い。

1978年

1979年

1980年

1986年

1987年

1988年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

2019年

2020年

2021年

2022年

2023年

2024年

主な人物

  • 社長と会長に関してはページ下部のTBS歴代社長・会長とテンプレートを参照。
  • 役員や番組スタッフ(プロデューサーディレクターなど)についてはCategory:TBSの人物を参照。
  • ラジオ・テレビ各分社化前に在籍していた人物も多いため、TBSホールディングス#主な人物も参照。
  • 編成局長:瀬戸口克陽
  • 報道局長:米田浩一郎
  • 政治部長:後藤俊広
  • 社会部長:辻真
  • ニューヨーク支局長:萩原豊、NEWS23元編集長
  • ワシントン支局長:樫元照幸
  • ロンドン支局長:秌場聖治
  • モスクワ支局長:大野慎二郎
  • 中東支局長:須賀川拓
  • ソウル支局長:渡辺秀雄
  • 報道局記者:金平茂紀報道特集キャスター、元取締役執行役員、元編集主幹、元報道局長、元アメリカ総局長、元TBSインターナショナル副社長、元ワシントン・モスクワ支局長、『筑紫哲也 NEWS23』編集長)
  • 報道局記者:日下部正樹(報道特集キャスター、元アナウンサー、元報道番組部長、元報道番組部スペシャリスト部長、元北京・ソウル・香港支局長)
  • 報道局記者:村瀬健介(報道特集キャスター、元中東支局長)

アナウンサー

不祥事・事件・トラブル

※別項が作成されている事案の詳細はリンク先を参照。所属・役職については、特記がない限り発生当時のもので表記。

1989年に発生した坂本弁護士一家殺害事件の発端になったとされる「TBSビデオ問題」後、TBSでは、報道被害や偏向報道、虚偽報道などを防ぐために、役員・従業員が守るべき行動基準として「TBSグループ行動憲章」を定め、TBS自身も 番組制作と放送のルール を定めている。

名誉毀損・報道被害

  • 2003年11月2日、「石原発言捏造テロップ事件」。
  • 2004年7月26日のニュース番組で、代理母出産を行ったタレント向井亜紀の講演での発言について、「生みの親」を批判する印象を抱かせるように報道したため、視聴者から向井側へ非難がよせられた。これに対し向井側は発言の一部のみを切り取って放送するTBSの手法を非難して抗議した。のちにTBSは誤りを認め向井側へ謝罪した。
  • 2008年2月16日放送の『歴史王グランプリ2008 まさか!の日本史雑学クイズ100連発!』で、会津戦争において「旧幕府軍が若松城を明け渡したとんでもない理由とは?」との出題に対し「糞尿が城にたまり、その不衛生さから」を正解とした。これに対し、戊辰戦争時の若松城のイメージを損なうとして、3月28日に会津若松市と会津若松市観光公社はTBSと番組制作会社に24日付で抗議文を郵送したことを公表した。TBSは訂正放送を行わなかったが、3月30日に書面にて、4月8日昼の番組でそれぞれ謝罪した。
  • 2016年2月3日放送の『水曜日のダウンタウン』で、「水戸黄門印籠は今でも水戸でも通用するのか?」と称した実験を茨城県水戸市で行ったが、放送後視聴者から「(水戸市に)観光に行こうとしたが治安が悪くなったためキャンセルした」などと市に苦情が寄せられ、市が調査した結果「放送内容は虚偽によるもので市のイメージが損なわれた」として放送倫理・番組向上機構(以下BPOと記載)に同年3月2日までに意見書を提出したことを明らかにした。今回の水戸市の意見書提出についてTBSは「誠意をもって対応する」とコメント。BPOの放送倫理検証委員会は同年3月11日、この件については審議の対象とはしないことを表明したが、同年3月23日に当時の社長であった武田信二が定例会見で「(今回の一件により)水戸市及び水戸市を愛する方々に大変不快な思いをさせてしまったと反省しています」と謝罪、陳謝した一方で制作サイドに対しては苦言を呈した。
  • 2019年3月7日~8日に放送された『あさチャン!』などで、詐欺未遂容疑で7日に逮捕された男性について、逮捕前に顔を出さない約束を書面で取り交わし取材に応じていたのに、番組では「改元詐欺の男」「逮捕前のウソ」などのテロップとともに、男性の容貌全体がわかる映像が放映された。男性は同年5月29日不起訴処分となった。男性はTBSに2200万円の損害賠償を求めて提訴した。2023年3月24日東京地方裁判所肖像権侵害などを認め、TBSに550万円の支払いを命じた。同年10月12日、男性とTBSの和解東京高等裁判所で成立した。男性側の代理人弁護士によると、和解条項にはTBSが男性に対して謝罪し、放送時の映像や画像がインターネット上に掲載されている場合は削除に努めることなどが盛り込まれたという。
  • 2023年1月12日放送の『news23』において、九州地方の現役のJA(農協)職員が取材に応じ、職員が過大なノルマを背負わされ、自身や家族が共済の契約を結ぶという問題が多発しているという実態を告発した。しかし、インタビュー映像の加工が杜撰だったことから、告発者が職場で身元が判明して、同年3月末に退職を余儀なくされたという記事が同年5月1日号『週刊現代』で報じられた。告発者によれば「放送前に映像を確認させてもらう約束は破られ、番組では腕時計や自宅は加工されておらず、明らか身元がわかる状態で放送された」と主張している。また、このJAの自爆営業問題を追及してきた農業ジャーナリストの窪田新之助によれば、番組の取材を担当した報道局調査報道ユニットの記者が当該元職員に電話をかけ、(現代に)記事掲載を見送らせるよう求める隠蔽工作を図ったと主張している。TBS側は「現代ビジネス」の取材に対し「週刊現代等の記事にあるような『TBSに裏切られた』など当社を非難する趣旨の連絡を取材対象者から受けたことはなく、質問には取材源の秘匿の観点からお答えできません」と記事を否定、逆に報道局調査報道番組部長名義で、週刊現代編集部へ抗議書を送付する事態となった。同年8月、BPOの放送倫理検証委員会は本件について放送倫理違反の疑いがあるとして、審議入りすることを決定した。2024年1月11日、BPOの放送倫理検証委員会は、報道の原則である取材源の秘匿を貫けていなかったと判断し、「放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。

偏向的・作為的な報道・演出

  • 1968年3月10日、「TBS成田事件」。
  • 2007年10月11日ボクシング内藤大助亀田大毅の世界タイトルマッチで「実況、解説が不公平である」という抗議電話が相次いだ。なお、TBSラジオでは全く正反対の内容で放送していた こともあり物議を醸した。TBSはその後も単独独占生中継であるにもかかわらず「マスジャーナリズム」を例に挙げ、視聴者もろともお互い様であると締めくくり、ネット、視聴者からの批判が相次いだ。同時に、朝日新聞産経新聞のほか、毎日新聞からもTBSに対して10月16日朝刊において名指しで批判を受けた。
  • 2010年3月11日関西大学李英和教授らが朝鮮学校に対する高校授業料無償化についての会見を行ったことを取り上げたニュースで、李教授の「朝鮮学校の子ども達の為になることというのは、お金をあげることじゃなくて学校運営を民主的にすることですから」と述べた部分を、「朝鮮学校の子どもたちのためになることというのは、お金をあげることですから」というテロップを付与して放送した。TBSは翌日に訂正とお詫びを自社サイト内のニュースページ「News i」に掲載、YouTube内のTBS公式チャンネル「TBS News-i」からは当該動画を削除した。また、この件はBPOにも多数の批判が寄せられた。
  • 2015年8月31日月曜ゴールデン枠で放送された2時間ドラマSP 八剱貴志』で、北朝鮮による拉致被害者救出を祈るシンボルであるブルーリボンバッジ贈収賄事件で逮捕される悪徳政治家役(演:寺田農)に着用させ、ネット、視聴者から「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)や拉致問題に取り組んでいる保守系政治家のイメージダウンを狙った悪質な印象操作である」という内容の批判が相次ぎ、北朝鮮による拉致被害者家族連絡会も正式にTBSに抗議した。TBSの番組担当者は、ブルーリボンバッジの意味を知った上で救う会の公式サイトで購入して着用させた事も認めており、着用理由について「ニュースなどで安倍晋三首相をはじめ多くの国会議員がバッジを着用しているのを見て、バッジを付けることで政治家っぽい雰囲気を出せると思った」と説明したという。

捏造・やらせ・誤報

  • 2004年3月5日放送の報道特別番組『告白〜私がサリンを撒きました〜オウム10年目の真実』で、インタビューに出演した男性に、伝聞に基づく情報を実際に目撃したかのように証言させたとするやらせがあった、と雑誌が報じた。TBSは、誤解をまねく不適切な表現があったと謝罪したが、やらせについては否定した。
  • 2007年3月12日、「TBS掲示板捏造問題」。
  • 2010年4月2日MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島で行われていたプロ野球セントラル・リーグ 広島 - 巨人戦において、試合開始前にノックをしていた巨人の木村拓也コーチ(4月7日死去)がグラウンド内で突然倒れ、救急車で病院に搬送された際に、夕方の関東圏向けニュース『Nスタ』でその時点では意識不明であったにもかかわらず速報で「急死」と報じた(詳細はNスタ#問題となった放送内容を参照)。同日の『JNNフラッシュニュース』及び『NEWS23X』、TBSの公式ホームページで謝罪し、翌週の4月5日の番組冒頭でもメインキャスターの堀尾正明長峰由紀が謝罪及び訂正を行った。
  • 2010年5月19日夜、5月20日朝に、民主党幹部が明かした話として「赤松農水相が外遊中に海外でゴルフをしていた」などと報じた。情報源であるはずの民主党の幹部も、20日朝になって「伝聞だった」などとして、具体的な根拠はなかったことを明らかにしたという。これを受けてTBSは、「発言に対する裏付け取材が不十分だった」として番組内で陳謝した。
  • 2012年11月16日放送の『みのもんた朝ズバッ!』でNHKアナウンサーの電車内での痴漢行為による逮捕のニュースを放送する際に、誤って安倍晋三の映像を2秒間流した。後にアナウンサーが謝罪した。
  • 2013年4月29日放送の『私の何がイケないの?』に出演した女性が高級外車の購入を決めたと伝えられたが、実際は購入されておらず、価格も異なっていたことが発覚。
  • 2014年1月15日放送の『奥様はモンスター』の収録現場で、「とくにデヴィ夫人への絡みは面白くなるから、よろしく」とある女性に対してデヴィ・スカルノを挑発するように仕向けるヤラセを行っていたことが判明した。また、その女性の夫とされる男性は婚姻関係が全くなかったことも明らかになっている。
  • 2015年1月28日放送の『水曜日のダウンタウン』で、東京都内の100円ショップで販売されていた福袋を承諾なく取り上げ「1つも売れず」との内容を放送したが、 実際には同店が用意した福袋10袋は完売しており、事実に反していたという捏造を行い、TBSが謝罪した。また、同日の放送では兵庫県西宮市にあるブックオフの店舗の福袋に関しても、タイトルがバラバラに分かれたコミック単行本の福袋を読まずに売却した顧客を「どうかしてる」としたが、実際はその顧客は読んだ上で売却しており、また番組スタッフが店舗側に対し「完全にバラバラなタイトルで中身を見せずに作ってもらえませんか」とやらせを依頼された事を示唆する内容を同店を名乗るTwitterアカウントにより告発され、この点に関してもTBSが謝罪した。
  • 2015年6月2日、横浜DeNAベイスターズ福岡ソフトバンクホークス戦のプロ野球中継で、ソフトバンク・柳田悠岐の打球が二塁塁審渡田均に当たり、球審ボールデッドを宣告した際、実況のアナウンサーが「審判は石ころと同じですよ」と連呼し、インプレーであると説明。解説の佐々木主浩もこれに同調した。しかし、公認野球規則5.09(f)には、内野手より前にいる審判員フェアボールが当たった場合はボールデッドになることが書かれており、日本野球機構(NPB)がTBSに抗議した。TBSは翌日の同カードの放送時、野球規則の条文をテロップで出した上で、別のアナウンサーが「あたかもミスジャッジであるかのような発言がありました」と釈明した。
  • 2016年6月16日、TBSとテレビ朝日のニュース番組の街頭インタビューで同一の女性が登場していたため「さくらか?」「やらせではないか」との声が続出した。なお、産経新聞はこの女性が市民団体の構成員であると報道した事について、事実確認をしていなかった事を認めて謝罪した。
  • 2016年6月19日に放送された『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』の中で行われた「双子見極め対決」において、出演者の一人だった男性顔相鑑定士の画像を故意にCG加工して見えなくし、さらに当初のルールになかった脱落とする不適切な演出が行われたことが6月27日までに発覚した。鑑定士が同月22日の自身のブログで告発。TBSは同月26日にこの鑑定士に対して番組プロデューサーが謝罪したが、鑑定士はBPOへの申し立てや法的手段に訴えることを検討。鑑定士は「番組の構成上面白がってやったのかも知れないが、あまりにもひどすぎる。全国ネットを使ったいじめだ」とコメント。今回の件についてTBSは事実関係を確認中とし、翌27日には広報部が「行き過ぎた編集があった」とコメントしたものの、鑑定士が主張する捏造は否定した。しかし7月8日、BPOの放送倫理検証委員会はこの件について審議入りすることを決定。同番組にはやらせ問題で打ち切りとなったフジテレビ系ほこ×たて』と同じ番組制作会社のスタッフが関わっていた。その後、委員会は12月6日に「重大な放送倫理違反があった」との結論を取りまとめた意見書を発表した。今回のBPOの決定に対しTBSは「委員会の指摘を重く受け止める」などとコメントした。
  • バラエティー番組『消えた天才』で2019年8月11日ほか2018年に放送された3回分の放送を含む4回分の放送で、映像を意図的に早回し(約2割程度)する加工をするという不適切な演出をしていたことが同年9月に発覚した。
  • バラエティー番組『クレイジージャーニー』で2019年8月14日含む複数の放送回にて、ロケ前に準備していた生物をロケ中に発見したかのように放送していたことが同年9月11日に発覚した。なお、前述の「消えた天才」と共に2番組は9月末で打ち切りとなった。
  • バラエティー番組『アイ・アム・冒険少年』で2022年1月3日放送の『冒険少年 新春! 超・脱出島SP』正月4時間スペシャルでロケ前にイカダをスタッフが一緒につくる様子などの不適切な演出が同年1月9日掲載の『文春オンライン』の報道により発覚した。

番組収録中の事故

  • 1970年12月6日、『芥川也寸志のコンサート・コンサート』をGスタジオで収録中、170人の合唱団が乗ったひな壇が崩れ、骨折などの重傷3人、軽傷11人。
  • 2001年10月16日、『うたばん』の収録中にアイドルグループのモーニング娘。紺野あさ美がスタジオ内の深さ90センチメートルの溝に転落する事故が発生、紺野は右ひざ上に合計12針を縫う怪我を負った。TBS側は謝罪したものの、デビューを目前に控えていた紺野にとってはコンサートや番組のキャンセルを余儀なくされた。
  • 2002年5月5日緑山スタジオでの『筋肉番付』収録中、京都大学1年の男性中国人留学生と東海大学3年の男子学生が、競技中に頚椎などを損傷する重傷、さらに1人が頚椎捻挫を起こす事故が発生。5月24日、TBSは『筋肉番付』の打ち切りを決定し、後に同番組は終了した。ただし、5か月後の2002年10月12日より『体育王国』に改称する形で事実上再開している。
  • 2006年8月28日、緑山スタジオでの『KUNOICHI』の収録中に参加者が感電し病院で手当てを受ける事故が発生したが、TBSは県警や消防への通報および事故の公表を行わなかったことが判明した。また、事故の際他の参加者への事故の説明を一切行っていなかった。原因はアース設備の不備だったという。TBSは安全確認の徹底に努めるとして謝罪した。
  • 2007年3月3日、緑山スタジオでの『新SASUKE2007春』の収録中、1st STAGE第一エリアのロープグライダーでお笑いコンビのブラックマヨネーズ小杉竜一が着地に失敗し、着地点の浮き島の角に左腕を強打し、左肩を脱臼する事故が発生した。病院に緊急搬送されたが、TBSは事故の公表も警察への通報も行わなかったことが判明した。なお、この事故は放送1週間前の2007年3月14日に既に報道されていた。診断結果は全治3週間。放送では小杉の競技の模様はオンエアーされたが、脱臼に関する部分は一切カットされていた。TBSは収録1ヶ月後、放送2週間後の2007年4月2日に事故を公表した。その後、小杉を含む計5人が負傷し、うち1人は足を複雑骨折して全治6か月の重傷で入院していることを警察に届け出た事が判明した。小杉はある週刊誌によると、救急車ではなくタクシーで病院に向かった事を明らかにした。TBS側は「けがは通常起こりうる範疇のもの」と釈明した。また、一連の事故に対するマスコミのTBS批判に対し、TBS社長の井上弘は定例記者会見で「不当なバッシング」と述べた。
  • 2007年4月19日、2002年の『スポーツマンNo.1決定戦 芸能人サバイバルバトル』の収録において、俳優の金子昇が手首を骨折する怪我を負っていたことが判明した。『KUNOICHI』『SASUKE』の事故と同様に事故の公表や警察への通報をしていなかった。
  • 2007年4月25日、『第二アサ秘ジャーナル』で、バギーによるタイムトライアルの収録中に、出演者の江口ともみが転倒する事故が発生し、腎臓を損傷し手術で摘出するという重傷を負った。TBSは謝罪したが、後にバギーを管理する那須バギーパークの安全に対する警告がありながら収録が強行されたことが判明した。
  • 2008年3月29日に生放送された『オールスター感謝祭』で、お笑いコンビの次長課長河本準一が番組内の企画コーナー「大相撲赤坂場所」(体にローションを塗って相撲を取るゲーム)で、マットを被せた発泡スチロール製の土俵で胸を強打し、右胸の肋骨を骨折する全治1か月のケガをした。
  • 2010年1月21日、『オレたち!クイズMAN』で、お笑いコンビのオードリー春日俊彰スタントの体験を行うロケの収録中、クッションやダンボールを厚さ約1メートル20センチに重ねた養生マットに背中から落ちる予定だったが、誤って足から落ち左足関節を骨折する事故が発生した。この事故を受けTBS側は「ご本人をはじめ、オードリー・若林正恭氏、所属事務所ほか関係各所の皆様に大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と謝罪。「今後このような事故が起こらないように番組制作上の安全管理をさらに徹底していく」としている。
  • 2012年4月4日、『炎の体育会TV』の収録中、番組内のコーナー「ハンドボール」で東国原英夫 元・宮崎県知事が試合中に倒れこみシュートと相手選手との接触・衝突により左肋骨を強打する全治3週間程度のケガをした。
  • 2012年9月15日、茨城県常総市の小学校での『リンカーン芸人大運動会』の収録中、お笑いトリオの森三中村上知子が右足のふくらはぎを負傷する事故が発生した。
  • 2016年9月10日、静岡県駿東郡小山町の小学校での『リンカーン芸人大運動会2016』の収録中、最終種目のチーム対抗リレーでお笑いコンビのよゐこ有野晋哉がバトンパスで転倒し、左鎖骨を骨折する事故が発生した。これにより、有野は全身麻酔をした上で左鎖骨にプレートを入れる手術を行うことになった。
  • 2018年10月旧埼玉県狭山市立東中学校での『リンカーン芸人大運動会2018』の収録中、第4種目のイス取り合戦でお笑いコンビのTKO木下隆行が負傷し、病院に緊急搬送される事故が発生した。
  • 2019年7月、『炎の体育会TV』の収録中、お笑い芸人の宮川大輔がボードに乗って坂を滑ってジャンプする企画のリハーサルで着地する際にバランスを崩し、木製の台の角に腰を打ち付ける全治2週間のケガをした。
  • 2019年9月15日東京メディアシティでの『笑いが無理なら体張れ』の収録中、お笑いトリオのネルソンズの青山フォール勝ちが収録時に右肩甲骨関節窩骨折などの全治8週間のけがを負っていた。
  • 2020年11月15日、関東近郊の乗馬クラブでの『news23』の収録中、歌手のMISIAが騎乗していた馬が突然走り出し、振り落とされる形で落馬する事故が発生した。ヘルメットを着用していたため頭部への怪我は無かったが、翌日病院にて診断を受けた結果、背骨の第6・第7胸椎棘突起部の骨折で全治6週間の怪我を負っていた事が判明。原因は乗馬スタッフから番組スタッフに対して「動かないように」と指示を出していたが、何かの拍子で動いてしまい、その際に敏感な馬が反応してしまったと思われる。企画自体はMISIAが放送を希望した事もあり、同年12月17日にメインキャスターの小川彩佳による謝罪を行った後に予定通り放送されている。
  • 2022年11月24日、『オオカミ少年』の企画「ソクオチ」(クイズの不正解者がスポンジ状のクッションで満たされた約1.5m下の落とし穴に落下する企画)の収録中、タレント・歌手の松本伊代がクイズの不正解に伴い落下した際腰を痛め、病院で診療を受けた結果、腰椎の圧迫骨折で治癒には3か月程度の加療を要するとの診断を受けた。

不適切な表現・取材

  • 1990年5月16日、「TBSビデオテープ押収事件」。
  • 2007年11月30日、横綱朝青龍記者会見のため両国国技館近くで待機していたTBS腕章着用者が屋外で喫煙するところを日本テレビに生中継されてしまった。場所が公道上か国技館敷地内かは不明だが、公道上であれば墨田区路上喫煙禁止条例違反、国技館敷地内であっても国技館指定の喫煙所ではないため、いずれにしてもマナーに反する行為であることに変わりはない。
  • 2009年10月23日・同21日、生活情報番組『2時っチャオ!』(同年3月終了)に出演していた女性リポーターが、傷害と過失傷害の疑いで滋賀県大津地検に書類送検された。2009年2月、取材で滋賀県内の民家を訪れた際「人違いだ」と取材を拒否した被害女性宅に強引に上がり込もうとして揉み合い、その際、女性は玄関ドアに指を挟み、左手に1週間のケガを負ったとして警察に被害届を出していた。
  • 2009年11月12日英国人女性殺人事件の被疑者が送検された際、送検車の前に立ちふさがり運転席側窓ガラスを数回叩くなど警察官の職務を妨害したとして、千葉県行徳警察署はTBS情報制作局の男性ディレクターを公務執行妨害の現行犯で逮捕した。同日夜「逃亡の恐れがなく、身元がはっきりしている」として釈放した。男性ディレクターは釈放後、「何か撮影しなければとの思いに駆られた。自分が一番先に車の前に立ちはだかった意識はないが、申し訳ないと思っている」と話した。なお、神戸新聞に逮捕されたTBS社員の実名が掲載され、『みのもんたの朝ズバッ!』の制作などに携わっていたことが判明している。2010年7月1日、千葉地検は、この男性ディレクターについて、起訴猶予処分にしたことを明らかにした。
  • 2009年11月29日男子ゴルフツアーカシオワールドオープン』にて、石川遼選手らを取材していたTBSクルーの乗ったカートが観客の女性4人をはねる事故を起こした。被害者のうち一人はカートの下敷きになったまま約10メートル引きずられ、左眼窩底骨折の重傷で高知市内の病院に運ばれた。関係者は業務上過失傷害の疑いで警察から事情聴取された。該当のカートは大会2日目にも強引な運転等によって大会運営を妨害したとされ、運営側から注意を受けていた。この件に関して2010年1月20日高知地裁はTBSに雇われたフリーカメラマンに対して自動車運転過失傷害罪で禁錮2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。担当裁判官は「自分の都合で無理に発進して十分な間隔を取らなかった過失は重大」と述べた。その後、TBSは日本女子ツアーを含めゴルフ中継でのカート使用を控えている。
  • 2009年12月5日に放送された『報道特集NEXT』及び同月8日に放送された『イブニングワイド』で、詐欺事件に関して取材を担当していたAPF通信社の記者が、取材対象の外国人男性の郵便物を無断で開封して内容を盗み見ていたことが2010年1月15日に発覚した。この記者は、男性のアパートの郵便受けから公共料金請求書を抜き取って本名を確認した後、再び封をして戻していた。
  • 2010年2月14日バンクーバーオリンピックカーリングチーム青森の非公開練習を無断で盗撮し、日本オリンピック委員会により出入り禁止処分となる。
  • 2015年に行われた第97回全国高等学校野球選手権大会において、混乱を避けるため取材禁止エリアとされていた甲子園球場の場外で、取材証を持たないクルーが長蛇の列を作っていたファンに対してカメラを回していた。大会本部役員が注意すると、「個人撮影です」と嘘の説明をしてさらに取材を続行。大会本部はTBSのすべての取材証を取り上げ、翌年の大会の取材証も発行しない厳しい処置が決められた。
  • 2016年2月7日に行われた『第65回別府大分毎日マラソン』で、視覚障碍者女子の部で優勝した選手を取材していた音声スタッフが、大会事務局や中継を担当したRKB毎日放送などの許可を受けずに無断でゴール手前からコースに進入し、伴走者の声を併走しながら収録していた。TBSは翌8日、文書で今回の件について謝罪した。
  • 2016年4月21日放送の『Nスタニュースワイド』内のコーナー『ホリダス!』で、平成28年熊本地震の震源地に近い熊本県上益城郡益城町の避難所(益城町役場)の前から生中継したが、画面に映っていたTBSの記者とインタビューを受けていたピースボートの女性の背後から現れた被災者と思われる男性から「見せ物ではない」「車(中継車)邪魔。どかせよ!」などと大声で怒鳴られ、生中継を急遽打ち切った。東京のスタジオで現場の様子を見ていたメインキャスターの堀尾正明は慌てた様子で「中継を引き取ります。ご迷惑になっているようで、すみません」と謝罪したが、この騒動についてツイッター上では「報道各社は被災地に迷惑かけすぎ」「被災者からしたら、報道を建前にしたネタあさりと思われても仕方ない」といった非難の声が上がった。TBS広報部は「避難所について役場の担当者に許可を取り、ボランティアの受け入れについて放送を行っていました。今後も被災者の方々のお気持ちに十分配慮しながら取材を続けてまいります」とコメントした。
  • 2016年10月16日放送の『サンデーモーニング』の中のスポーツコーナー「週刊御意見番」で、前日の15日に行われた第93回箱根駅伝予選会中央大学が予選落ちしたことに触れた際、コメンテーターを務める野球評論家張本勲が「情報によるとちょっと内紛があるようだ」と発言。これに対して大学側は「事実無根」であるとして抗議。その4日後の10月20日、番組公式サイト上で今回の発言について「誤解を招いた」として謝罪した ものの、番組内での謝罪、及びテロップ対応による謝罪は拒否した。
  • 2023年5月2日放送『ラヴィット!』での韓国での食べ歩きロケのVTR(事前収録)において、相席スタートの山添寛が、市場で売られていたタッカンジョン(甘辛唐揚げ)に無断で自分が使用していた爪楊枝を直接刺して食べたシーンが放映された。不適切な行為への他の演者や店主の指摘に対し山添は「ラヴィットヨ、ラヴィッソヨ」と、韓国語で「おいしい」を意味する言葉と番組名を交えた返答をしたのみで、VTR内では謝罪を行わなかった。
    この山添の不適切な行為や「生放送ではないので、事前にチェックできるにも関わらず放映するスタッフ」に対してSNSを中心に批判の投稿が相次ぎ、炎上に発展した。その3日後の同月5日の番組エンディングで、アシスタントを務める同社アナウンサーの田村真子が「番組として不適切であったと深く反省し、お店に直接謝罪させて頂きました。関係者の方々にご迷惑をおかけしたこと、ならびに視聴者の皆様に不快な思いをさせてしまったことをお詫びします」と謝罪した。また、見逃し配信のTVerで当該部分について削除されている。しかし、この時点で当事者の山添、番組MCの川島明、番組制作サイドの謝罪はいずれもなく、無関係に近い田村に謝罪させたことに対し、さらにSNSを中心に批判の炎上が続く状態となった。
    その後、週が明けた同月8日の番組エンディングで田村が、明日に放映を予定していた韓国ロケの続編について放映しない事を伝え、MCの川島も「改めまして、先週火曜のロケ内容でご迷惑をおかけした方々、そして不快に思われた視聴者の皆様、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。
  • 2023年11月5日放送のサンデーモーニング内において放送された、生成AI(人工知能)で作られたフェイク画像だと伝えたイスラム組織ハマス幹部が贅沢な暮らしをしている画像などについて、「実際には生成AIを使って作られた画像ではないものと考えられる」と訂正し、番組公式サイトで謝罪した。

その他

  • 2003年3月29日、メディア推進局副理事が東京国税局より9千数百万円の申告漏れを指摘され、うち、7000万円は不正な所得隠しであると認定された。これは取締役として属していた子会社のTBSエンタテインメントから番組制作費を下請けプロダクションへ水増し発注し、水増し分をキックバックさせて得ていたものとされる。本人は不正を認めなかったが、TBSは「会社の信用を傷つけた」として諭旨解雇処分とした。
  • 2005年5月11日、公式サイトに掲載されていたコラム『ダッグアウト』にて、毎日朝日読売の各新聞社からの記事盗用が発覚した。1本のコラムに複数の記事から盗用していた例もあり、盗用された記事は計39件にも及んだ。TBSは当初「外部のフリーライターがやったこと」と発表していたが、のちに当時の編成制作本部スポーツ局担当部長が行い、フリーライターがやったように見せかける偽装工作が判明し、同部長は解雇された。また、その後の社内調査でこれとは別に3件の盗用があることが判明した。
  • 2006年5月6日、「白いんげん豆食中毒事件」。
  • 2009年7月17日、『キミハ・ブレイク』の収録中、8月1日スタートのドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の番宣を兼ね、東京都葛飾区荒川河川敷にて花火数十発を打ち上げたが、その時間は警察に届けていた「20時から21時」をとうに過ぎた22時45分であったため、所轄の亀有警察署には苦情の110番通報が数件寄せられた。番組ディレクターは、「収録が長引いた。ご迷惑をかけてすみません」と謝罪、警察は注意と再発防止を指導した。その後の31日には、『こち亀』の主人公両津勘吉を演じるSMAP香取慎吾が通報を受けた亀有署の一日警察署長を務めた。本来は『ぴったんこカン・カン』での企画であり、当初は『キミハ・ブレイク』内での放送予定はなかったが、上記の通りスケジュールが大幅に押したため、『キミハ・ブレイク』内での放送となった。
  • 2010年の1月から3月に放映されたドラマ『特上カバチ!!』で、行政書士が、法律で認められていない示談交渉を行う場面が描かれたとして、大阪弁護士会がTBSに正式に抗議し、DVD販売や再放送の自粛を求めた。
  • 2010年6月1日さいたまスーパーアリーナで開催された、韓国のテレビドラマ『アイリス』のイベント「ドラマティック・ライブステージ『IRIS』」において、本来、特設花道として使用する部分を誤って座席スペースとして発券してしまい、該当する観客に席の移動を促したところ、当該観客から抗議を受けるトラブルに発展した。その後、係員が代替の3階席に誘導したが、その3階席に通じる階段が閉鎖されており、4階・5階席への代替に再変更するなどの不手際が相次ぐ。同イベントを主催したTBSは、当該座席を購入した観客の内、会場で既に返金手続きを済ませた観客を除いた全ての人に、代金9800円全額を返金する措置を発表した。
  • 2016年10月9日に放送された『オール芸人お笑い謝肉祭'16秋』で、出演者が下半身を露出するなど低俗な内容により視聴者から抗議の声があったとしてBPOの青少年委員会が同年10月25日に審議入りしたことを発表した。今回の審議入りについてTBSは「厳粛に受け止め、また調査に対して真摯に対応する」とコメントした。
  • 2016年10月18日放送の『マツコの知らない世界』において、出演者から提供された新聞号外資料約300点のうち8点を番組側のミスにより紛失していたことを2017年7月に公表した。
  • 2017年4月上旬、メディアビジネス局担当の男性部長が危険ドラッグと見られる液体を知人女性にかけてけがをさせたなどとして、傷害及び医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)の疑いで警視庁に書類送検され、同年8月28日付で懲戒解雇された。その後同年10月12日付で危険ドラッグ所持について略式起訴されたが、女性への傷害については不起訴処分となった。
  • 2023年1月23日、広報部社員の40代の女が、同月東京都内または周辺で覚醒剤を使ったなどとして、覚醒剤取締法違反容疑で警視庁代々木署に逮捕された。社員は容疑を認めているという。その後、同年2月10日東京地検に起訴されたことを受け、TBSはこの社員を懲戒解雇したことを明らかにした。
  • 2023年5月23日18時頃、同社アナウンサーの宇内梨沙がライブエンタテインメント局・eスポーツ研究所所員として開設しているYouTubeチャンネル「宇内梨沙/うなポンGAMES」の制作スタッフが、同月17日に実施した『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(フロム・ソフトウェア制作)のライブ配信のゲーム実況動画について、配信設定を変更する際に、誤操作によりContent ID(映像・音声に著作権を管理する設定)を「有効」にする設定を行った。これにより、同配信で使用していた映像と一致するシーンをアップロードしていた動画配信者に著作権の申し立てを適用してしまった。
    この件で、宇内が同日中に自身のTwitterで謝罪したほか、翌24日未明に同チャンネルのコミュニティ内でも経緯が説明された。TBSテレビ側は24日20:55頃に公式HPに謝罪文を掲載した。なお、23日24時までにContent IDの参照を停止し、申し立てを取り下げていると明らかにしている。翌週31日に海外の動画配信者に向け英語でも同様の謝罪文を追加した。
    宇内は翌25日に木曜パートナーとしてレギュラー出演しているTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の冒頭でも謝罪を行い、宇内自身の思いとして「普段一緒に運営しているスタッフさんは本当に信頼していますし、その方が起こしてしまったミス。『私がやったことじゃないから』ってそんなに静観できない。同じチームとして、迷惑をかけた方に謝りたい」と述べ、「こういったミスが二度と起きないように、より引き締めて運営を行っていきます」と今後についての決意を語っている。なお同チャンネルは、eスポーツ研究所の所管部署が新規IP開発部に変更後の同年7月5日より、YouTubeでの動画投稿とライブ配信を再開。

TBSテレビが関係するコンピュータゲーム

1980年代から90年代初頭は日本ビクターや学研と共同出資していたパック・イン・ビデオ(ビクターインタラクティブソフトウェアへ社名変更後、マーベラスへ吸収合併)を通じたゲーム化作品が多かった。

2023年7月に社内で新ブランド「TBS GAMES」を立ち上げ、自社によるコンピュータゲーム市場参入を発表した。

    TBSテレビのバラエティ番組やスポーツ番組を題材としたゲーム作品

以下はエポック社の体感ゲームでの同局のバラエティ番組を題材としたゲーム機。エポック社が開発をする際にTBSのみにライセンスを採る形だったため、以下に挙げたものが全てのテレビ番組とタイアップした作品であった。ジャンルは全て「バラエティ」。

  • 東京フレンドパークII フレンドパークへあそびにいこう!!(2003年)
  • オールスター感謝祭 超豪華!クイズ決定版 赤坂5丁目体感スタジオ!(2004年)
  • 東京フレンドパーク2スペシャル! フレンドパークへみんなでいこう!!(2005年)
  • 東京フレンドパークII フレンドパークへあそびにいこう!!(2003年)
  • サスケ&筋肉バトルスポーツマンNo.1決定戦(2006年)
  • 東京フレンドパークIIパーフェクト! めざせ!グランドスラム!!(2007年)
  • 究極! 筋肉スタジアム! サスケ完全制覇(2008年)

以下は「TBS GAMES」として開発され、配信・発売されている(またはその予定の)ゲーム作品。

脚注

注釈

出典

関連項目

外部リンク

Tags:

Tbsテレビ 概要Tbsテレビ 事業所Tbsテレビ 沿革Tbsテレビ 開局当日の編成Tbsテレビ 番組一覧Tbsテレビ 特色Tbsテレビ 視聴率Tbsテレビ 制作番組Tbsテレビ 大型番組改編Tbsテレビ 放送地域Tbsテレビ 区域外再放送Tbsテレビ 歴代のキャッチコピーTbsテレビ マスコットキャラクターTbsテレビ スタジオTbsテレビ 情報カメラ設置ポイントTbsテレビ 映画製作Tbsテレビ 主な人物Tbsテレビ 不祥事・事件・トラブルTbsテレビ TBSテレビが関係するコンピュータゲームTbsテレビ 脚注Tbsテレビ 関連項目Tbsテレビ 外部リンクTbsテレビTBSホールディングステレビジョン放送広域放送放送対象地域特定地上基幹放送事業者英語

🔥 Trending searches on Wiki 日本語:

秋元優里マハラジャ (ディスコ)灰原哀地産地消松重豊チュオン・ミー・ランKANA-BOON酒井良 (自衛官)原菜乃華宇多田照實平瀬真由美大橋梓林田こずえ土居志央梨凛として時雨KOHH藤原道兼ヒカル (アイドル)坂本龍馬元木大介佐倉綾音おいハンサム!!藤原彰子毛利小五郎田辺真南葉藤岡康太梶浦由記幾田りら大原櫻子黒ずくめの組織笑点丸田佳奈沢村一樹羽田空港地上衝突事故乳房刀伊の入寇366日 (テレビドラマ)宇多田ヒカルの作品今永昇太射精平安時代出口夏希渡辺和洋相武紗季陰陽師藤原道綱ウィキペディア八咫烏シリーズBE:FIRST木村文乃鋼の錬金術師釘宮理恵彬子女王須藤元気渡辺大知りんごちゃん (ものまねタレント)フェラチオからし蓮根 (お笑いコンビ)MAX (音楽グループ)マキシマム ザ ホルモン宮世琉弥【推しの子】 (アニメ)大谷育江Awich秋場麻優古川未鈴藤井弘輝馬瓜エブリン玉置玲央ジョジョの奇妙な冒険津田健次郎AAA (音楽グループ)Travis Japan乃木坂46藤原道頼希良梨古川琴音坂井泉水ボクシング現王者一覧🡆 More