Amazonフレッシュ英語: AmazonFresh)とはAmazon.comが展開するプライム会員向けの生鮮食品配送サービス。2007年にアメリカ合衆国の一部地域でサービスが開始され、イギリス、日本、ドイツでも展開している。

日本ではAmazon.comの日本法人であるアマゾンジャパン合同会社が2017年4月21日にサービス開始。生鮮食品・飲料・お酒・専門店グルメから日用品、ベビー用品や雑貨まで、計10万点以上の商品が対象で、注文から最短約2時間で配送する[1]

フレッシュサービスを利用するには、AmazonプライムまたはPrime Studentの会員登録および年会費が必要。利用者が既にいずれかの会員であれば追加登録や会費は不要。1回の最低注文金額は4,000円から。配送料は1回の注文金額が10,000円以上の場合は無料。4,000円以上10,000円未満の場合には390円のフレッシュ配送料が掛かる。また1時間単位の配達時間帯(地域限定)を選んだ場合は追加料金500円が掛かる(価格はすべて税込)[1]

日本の対象地域

Amazonフレッシュで配送する商材は3温度(常温、冷蔵、冷凍)設備を設けた物流拠点「アマゾン川崎FC」で集約・管理され、配送拠点も活用して出荷される[2]。2021年11月時点で、配送地域は東京区部(北西部の北区板橋区豊島区中野区練馬区を除く)と調布市狛江市神奈川県川崎市横浜市(南西部の瀬谷区泉区戸塚区港南区栄区金沢区を除く)、千葉県浦安市市川市である[1]

脚注

外部リンク