高橋治之

高橋治之: 日本の実業家 (1944-)

高橋 治之(たかはし はるゆき、1944年昭和19年)4月6日 - )は、日本実業家電通顧問専務[1][2]。株式会社コモンズ代表取締役会長[3]。元東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事。高橋治則(故人。元イ・アイ・イグループ社長)は実弟[4]

来歴・人物

電通時代

東京都生まれ。慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後の1967年、電通に入社[5]

電通時代は、1977年に”サッカーの王様”ペレの引退試合を日本で実施することを社内で耳にし、自ら名乗りを挙げ無事成功させた。のちに、これを聞きつけたFIFAワールドユース大会スポンサーだったコカ・コーラ社が高橋を直々に指名したという。第2回ワールドユース大会が日本で行われ、この時にワールドユース大会事務長ゼップ・ブラッター(のちFIFA会長)の知己を得たとされる[6]。1981年から開催したトヨタカップサッカーなど上司の服部庸一、入江雄三らが築いた同社スポーツビジネスの土台の下[7][8]、80年代以降、1984年ロス五輪を民営化させたピーター・ユベロス(実業家)や、FIFAを牛耳ったといわれたホルスト・ダスラー(アディダス創業家長男)らを筆頭に[9]、急速にプロフェッショナル化が進んだオリンピックやサッカーW杯、世界陸上など国際的なスポーツイベント商業化の波のなか、同社スポーツ事業局に身を置き、服部亡き後に台頭していった[10][11]

1982年にアディダスと電通により設立されたISL社(2001年経営破綻)が国際サッカー連盟(FIFA)のスポーツマーケティング全般を一手に請け負うこととなった。当初、成田豊(のち電通社長)や服部庸一(電通ISL初代室長、電通ロス五輪室長)らの下、1984年ロス五輪の国内スポンサー集めに奔走していた高橋も服部が早逝した後は、その国際的な人脈を引き継ぎ後にISL社の副会長を務めるなどした。後述のように、特に2002年のW杯を「日韓共催」で呼応してからゼップ・ブラッターFIFA会長[注釈 1]らと親密な関係を築いたとされる[12][13][14]

1985年に文化事業部長に就任し、88年の東京ドームこけら落としでボクシングのマイク・タイソンの試合やミック・ジャガーのコンサートを仕掛けた[6]

成田豊や服部庸一らの下、Jリーグの創設に関わり、さらに「アジア中心戦略」をとっていた電通社長に収まった成田豊の下、日本サッカー協会など日本側や当時のジョアン・アベランジェFIFA会長(南米ブラジル出身)らが進めていた当初の「日本単独開催」から、「反アベランジェ会長」で「日韓共催」に動いていた当時のゼップ・ブラッターFIFA事務総長(のち会長)ら欧州勢に与して、2002年日韓ワールドカップサッカーが「共催」になった経緯にも深く関わった[14]

電通時代は弟治則プライベートジェットを用いて部局の社員旅行に出掛けたり、また、数々の女優と浮名を流し弟の高級車を使うなど派手にやり、シャイで派手嫌いな弟と好対照をなしていた[6]。"サッカーの王様"ペレを弟のプライベートジェットに乗せて日本に連れてきて、軽井沢で当時の首相中曽根康弘とテニスをさせたこともある[15][16]。このようにバブル期前後から弟の資金力を背景に、世界のVIPとの人脈を周囲に喧伝誇示していた。実際のところ元JOC職員の春日良一によれば、後述の五輪汚職に関連してIOCトーマス・バッハ会長は、五輪改革を掲げ、特に招致活動における利害関係者による贈収賄を厳禁とするなど不正根絶にこだわっていた。特にラミン・ディアクと電通・高橋治之の汚職体質に目を付けていたとされ、ディアクに対してはIOC委員から永久追放し、JOCに対しては高橋を東京五輪組織委理事から外すよう提言していたとのことである[17]

電通本社ビルの店舗フロア46階にフランス料理店「ソラシオ汐留」(2020年春閉店)、六本木にステーキ店「ステーキそらしお」(2022年8月末閉店)を開いていた[18]。元皇族の竹田恒治と慶應の同級生であったことから、その弟である日本オリンピック委員会(JOC)元会長竹田恆和とも交友が長く親しい関係だとされている[19]

東京五輪を巡る汚職

フランス検察捜査当局の動き

竹田恆和が2020東京五輪招致委員会理事長として、フランス検察捜査当局(国家金融検察庁, fr)に汚職容疑で捜査対象になって以降[注釈 2]、竹田と共に電通元専務で同社顧問の高橋治之らを中心とする国際オリンピック委員会(IOC)を巡るロビー活動もクローズアップされている[20][21]。フランス検察当局が収賄容疑で取り調べているラミン・ディアク(元国際陸連(IAAF)会長、元国際オリンピック委員会(IOC)委員、セネガル人)と、その息子パパマッサタ・ディアクへのアフリカ票を巡るロビー活動や、その他の主だったIOC委員への贈与を含めたロビー活動をしていた点は、高橋自身も認めた。しかし竹田は、JOCとIOCを辞職後に、高橋が主導するディアクに対するロビー活動を指示したこともなく、高橋がディアクに贈った「土産」についても認識していなかったと語った[22]

国内での摘発の拡がり

2022年8月17日、高橋が代表を務めるコンサルタント会社「コモンズ」が、2020東京五輪大会組織委員会のスポンサーであったAOKIホールディングス青木擴憲(当時会長)から数千万円を受領した容疑で、高橋は東京地方検察庁特別捜査部により受託収賄で逮捕された。贈賄側の青木らAOKIホールディングスの幹部3名も贈賄容疑で同日に逮捕されている(「AOKI五輪組織委員会汚職事件」)。最低15億円になる大会スポンサー料を高橋の口利きで半額の7.5億円にしてもらう見返りに、AOKI側は7.5億円のうち2.5億円を大会組織委員会にではなく、電通子会社を介して高橋の会社「コモンズ」に支払っていた[23]

2020東京五輪大会組織委員会理事はみなし公務員という立場であり、職務に関連した金品の授受は違法とされている[注釈 2]
また組織委理事就任については、「最初は五輪招致に関わるつもりはなかった。安倍(晋三)さんから直接電話を貰って、『中心になってやって欲しい』とお願いされたが、『過去に五輪の招致に関わってきた人は、みんな逮捕されている。私は捕まりたくない』と言って断った。だけど、安倍さんは『大丈夫です。絶対に高橋さんは捕まらないようにします。高橋さんを必ず守ります』と約束してくれた。その確約があったから招致に関わるようになったんだ」と述べていたとされる。これについては、疑惑を持たれないよう、2013年のADKルート(後述)など一連の口利きの結果を見極めたうえで2014年に理事のオファーを受けたように(賄賂罪#事前収賄罪も参照)、この五輪招致への関与に消極的だったとの発言も単なる"虚勢"あるいは“ブラフ”に過ぎないと批評されている[6]

このほか高橋は多数の五輪スポンサー選定に関与したとされ、AOKIと同じく五輪スポンサーであったKADOKAWAからの受託収賄の疑いも持たれ[24]、2022年9月6日に再逮捕された。同日、AOKIからの受託収賄の罪で起訴された[25][26]。また、高橋の慶應高校・大学の後輩にあたる芳原世幸KADOKAWA顧問ら、さらに同年9月14日には角川歴彦KADOKAWA会長も贈賄容疑でそれぞれ逮捕された(「KADOKAWA五輪組織委員会汚職事件」)[27]。KADOKAWAからの収賄については、高橋の電通時代の後輩である深見和政(9月6日に収賄容疑で逮捕)と共謀し、深見が経営する東京都中央区のコンサルティング会社「コモンズ2」名義の預金口座にKADOKAWAから計7600万円を振り込ませたとされる[28]。2022年9月14日時点における、この一連の汚職事件でスポンサー企業の経営トップが逮捕されるのは、紳士服大手AOKIホールディングスに続き2社目となった[29]

2022年9月5日、博報堂DYホールディングス傘下の広告代理店大広(大阪市)にも家宅捜索が入り、東京五輪専任代理店の電通と再委託関係になる「販売協力代理店」になるため、コモンズ2を通じ高橋が同社から資金を受け取っていたことが明らかになっている[30]。7月29日には、電通の「販売協力代理店」になるため、口利き料として総額5000万円あまりをコモンズに支払っていたADKホールディングスやその傘下の広告代理店ADKマーケティング・ソリューションズ(東京都港区)にも特捜部の家宅捜索が入っていたが[31]、9月6日、電通からADKに再委託料5000万円の払い込みがあったスポンサー契約選定に絡み、竹田恆和が社外取締役を務めるパーク24にも特捜部の家宅捜索が入った[32][33]。9月27日、代理店選定の見返りに大広から1500万円を受けとったとして受託収賄容疑で3度目の再逮捕をされた[34]

さらに高橋は、大会スポンサー契約のみならず、50~91社あまりの五輪グッズなど大会ライセンス契約にも中心的に関与していたとされている。2018年、1998年長野五輪で公式マスコット「スノーレッツ」のぬいぐるみを販売していたサン・アロー社(東京都千代田区)幹部経営者は、高橋と同じ慶應大学出身をつてに、東京五輪を巡り高橋の知人のゴルフ会社を介して高橋に800万円を渡したとされている。さらに電通時代の後輩が幹部を務める某A社のライセンス契約を巡る高橋の口利き疑惑が報じられているように、8月の最初の逮捕から1か月を過ぎて汚職事件は各方面に拡大を見せ、五輪疑獄の様相を呈している[33]

2022年10月19日、大会マスコットのぬいぐるみを販売したサン・アロー、スポンサー契約に関連した業務を担ったADKホールディングスから賄賂を受け取ったとして、受託収賄容疑で4度目の再逮捕をされた[35]

略歴

家族・親族

高橋家

  • 弟・治則[37](実業家、イ・アイ・イ インターナショナル社長、後に逮捕され有罪判決)

親戚

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2015年FIFA汚職事件で、FIFAとの関わりを6年間禁じられ事実上追放された。
  2. ^ a b フランスでは「民間同士」の贈収賄が犯罪を構成する。一方、日本の刑法は「公務員」を巡る贈収賄のみ犯罪を構成し、同様に不正競争防止法で禁ずる「外国公務員等」への贈賄には、IOC国際オリンピック委員会等の民間国際機関の委員は対象にはならないとされている(五輪招致疑惑 民間同士も贈収賄罪 仏、コンサル料を捜査」『毎日新聞』、2016年5月18日。2022年8月18日閲覧。オリジナルの2020年11月8日時点におけるアーカイブ。)。

出典

  1. ^ 五輪組織委理事に電通元専務 高橋氏、35人目 JOC、2014年6月5日
  2. ^ “東京五輪再延期も視野「中止は絶対に避けなければ」”. 日刊スポーツ. (2020年6月16日). https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202006150000610.html 2020年6月16日閲覧。 
  3. ^ 【松井功のグリーン放談】株式会社コモンズ代表取締役会長・高橋治之さん ゴルフ報知、2014年8月21日
  4. ^ 五輪汚職「高橋治之容疑者」の実弟は資産1兆円のバブル紳士 棺の中に“あんぱん4つ”の哀しさ”. デイリー新潮. Yahoo!ニュース (2022年9月12日). 2022年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月9日閲覧。
  5. ^ 名古屋和希(ダイヤモンド編集部) (2022年10月28日). “電通元首脳が慶應評議員退任!東電、スルガ銀、大林組…慶應流「不祥事企業」のみそぎ 特集最強学閥「慶應三田会」人脈・金・序列”. ダイヤモンドonline. 2022年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月9日閲覧。
  6. ^ a b c d 西﨑伸彦 (2022年9月13日). “高橋治之・治則「バブル兄弟」の虚栄 司直の手に落ちた「五輪招致のキーマン」と「長銀を潰した男」 西﨑伸彦”. 文藝春秋digital. 2022年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月1日閲覧。
  7. ^ 本間龍 (2022年9月23日). “”もうかる五輪仕掛け人”電通と五輪巨大利権「知られざる歴史」”. FRIDAYデジタル. 2022年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月29日閲覧。
  8. ^ 日本のスポーツイベント黎明期を支えた男の回想(1/3)トヨタカップを呼んだ男たち 第2回 入江雄三”. スポーツナビ. 2007年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月25日閲覧。
  9. ^ 日本にワールドカップをもたらした男~広瀬一郎の生涯~ 吉田望(nozomu.net代表、元電通)、Web VOICE、2017年10月31日公開(2022年03月01日更新)
  10. ^ サッカーはいかにして巨大ビジネスになったか。元電通専務・高橋治之が知る真実 フットボールチャンネル 2015年9月25日
  11. ^ 元JOC職員「高橋容疑者個人の特殊な問題」、元電通マン「神様のような存在だった」 広がる五輪汚職事件、背景に何が”. ABEMA TIMES. ライブドアニュース (2022年9月9日). 2022年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月31日閲覧。
  12. ^ ブラッターに最も近い日本人。元電通専務・高橋治之が語るFIFA会長の真実 フットボールチャンネル 2015年7月9日
  13. ^ 後藤逸郎 (2022年8月30日). “賄賂やリベートが当たり前の世界…逮捕者まで生まれた「五輪ビジネス」に、なぜ血税が投入されるのか権益システムの透明化まで、札幌五輪招致はやめるべき(2)”. PRESIDENT Online. 2022年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月29日閲覧。
  14. ^ a b 後藤逸郎 (2022年8月30日). “賄賂やリベートが当たり前の世界…逮捕者まで生まれた「五輪ビジネス」に、なぜ血税が投入されるのか権益システムの透明化まで、札幌五輪招致はやめるべき(3)”. PRESIDENT Online. 2022年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月29日閲覧。
  15. ^ 平井康嗣(日刊ゲンダイ) (2021年2月11日). “山口敏夫元労働相が語る「なぜ森会長と喧嘩してきたのか」”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月1日閲覧。
  16. ^ 「中曽根内閣史 首相の1806日」(世界平和研究所、1996年)545頁
  17. ^ 春日良一 (2022年9月7日). “【特別寄稿】IOCバッハ会長は8年前、高橋治之元理事の“追放”を組織委に求めていた” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月22日閲覧。
  18. ^ 五輪の〝ドン〟高橋容疑者がオーナー 今月末閉店の六本木高級店「そらしお」のランチ、ステーキ食べてみた 現職議員が9回にわたり絶賛も”. zakzak (2022年8月21日). 2022年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月9日閲覧。
  19. ^ 辞任必至「竹田恒和」の正体 FACTA 2019年3月号
  20. ^ 電通元専務に資金9億円弱 五輪招致でロイター報道” (日本語). 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2020年3月31日). 2020年6月25日閲覧。
  21. ^ 電通元専務に9億円 東京五輪招致、ロビー活動担当―ロイター通信” (日本語). 時事ドットコム. 時事通信社 (2020年3月31日). 2020年6月25日閲覧。
  22. ^ Antoni Slodkowski、Nathan Layne、斎藤真理、宮崎亜巳 (2020年3月31日). “東京五輪招致で組織委理事に約9億円、汚職疑惑の人物にロビー活動も” (日本語). ロイター. ニューズウィーク日本版. 2020年7月31日閲覧。
  23. ^ “東京五輪組織委元理事を逮捕 スポンサー選定で収賄の疑い 東京地検”. 朝日新聞デジタル. (2022年8月17日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ8K4K51Q7XUTIL01W.html?iref=sptop_7_01 2022年8月17日閲覧。 
  24. ^ KADOKAWAも仲介か 元理事、知人会社7000万円受領―スポンサー選定めぐり・五輪汚職” (日本語). 時事通信 (2022年9月3日). 2022年9月3日閲覧。
  25. ^ “五輪汚職 KADOKAWA幹部2人逮捕 組織委元理事を再逮捕、知人の男も”. 毎日新聞. (2022年9月6日). https://www.sankei.com/article/20220906-H6JFCLYKFZM6RBWJK53BRES25E/ 2022年9月6日閲覧。 
  26. ^ KADOKAWA会長を逮捕 6900万円贈賄容疑、東京地検” (日本語). 共同通信 (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  27. ^ 五輪汚職、元理事を再逮捕 KADOKAWA側も2人逮捕 日本経済新聞 2022年9月6日 10:00
  28. ^ KADOKAWAの五輪スポンサー料2・8億円、高橋容疑者が決定か…知人側への資金提供案も” (日本語). 読売新聞 (2022年9月8日). 2022年9月8日閲覧。
  29. ^ KADOKAWA会長を贈賄の疑いで逮捕 スポンサー企業のトップ逮捕2社目 東京五輪汚職事件”. 日刊スポーツ (2022年9月14日). 2022年9月14日閲覧。
  30. ^ 大広を家宅捜索 電通「下請け」で元理事に資金提供か 五輪汚職” (日本語). 毎日新聞 (2022年9月5日). 2022年9月5日閲覧。
  31. ^ 元理事、ADKも口利きか スポンサー契約の介在要求―コンサル料5000万円受領・五輪汚職 時事通信 2022年09月18日、
    広告大手「ADK」も捜索 五輪汚職事件 東京地検特捜部 朝日新聞 2022/7/29
  32. ^ 東京地検、パーク24本社を家宅捜索 五輪担当幹部ら任意聴取 毎日新聞 2022/9/7
  33. ^ a b 五輪汚職はライセンス契約にまで波及! 組織委と契約企業は50社超…関係者は戦々恐々」『日刊ゲンダイDIGITAL』、2022年9月24日。2022年9月25日閲覧。オリジナルの2022年9月24日時点におけるアーカイブ。
  34. ^ “高橋元理事を3度目の逮捕 大広の代理店選定巡り、受託収賄容疑”. 毎日新聞. (2022年9月27日). https://mainichi.jp/articles/20220927/k00/00m/040/136000c.amp 2022年9月30日閲覧。 
  35. ^ 日本テレビ. “【速報】元理事・高橋治之容疑者 4度目の逮捕 五輪汚職” (日本語). 日テレNEWS. 2022年10月19日閲覧。
  36. ^ a b c d e f g h 株式会社電通の有価証券報告書
  37. ^ a b c d e f g 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)た一二六
  38. ^ 『真説 バブル』45ページ
  39. ^ a b 高橋朝子さん死去/高橋治之電通顧問の母 四国新聞 2009年10月14日
  40. ^ 『真説 バブル』44ページ
  41. ^ 週刊朝日 2005年4月22号「縁あって父娘」』朝日新聞社、2005年4月22日、78頁。 
  42. ^ 人事興信録. 第25版 下 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2022年7月31日閲覧。
  43. ^ a b c リゾート王・高橋治則氏の死、未完のバブル再検証
  44. ^ 伊藤博敏(ジャーナリスト) (2022年10月20日). “五輪汚職の主役「慶應三田会」の闇が凄まじすぎる…異形の学閥集団が生み出したもの” (日本語). 現代ビジネス. 2022年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月21日閲覧。
  45. ^ “自民・長島昭久氏に五輪組織委元理事・高橋治之被告や関連会社から献金”. 日刊スポーツ. (2022年11月18日19時2分). オリジナルの2022年11月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221122190459/https://www.nikkansports.com/general/news/202211180001169.html?mode=all 

#Wikipedia® is a registered trademark of the Wikimedia Foundation, Inc. Wiki (Study in China) is an independent company and has no affiliation with Wikimedia Foundation.
This article uses material from the Wikipedia article 高橋治之, which is released under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 license ("CC BY-SA 3.0"); additional terms may apply. (view authors). コンテンツは、特に記載されていない限り、CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。 Images, videos and audio are available under their respective licenses.

🔥 Top trends keywords 日本語 Wiki:

メインページヴァイオレット・エヴァーガーデン特別:検索ブラックフライデー (買い物)ドーハの悲劇森保一宮澤エマFIFAワールドカップ浅野拓磨ウェールズ黒島結菜堂安律本田圭佑自由の女神像 (ニューヨーク)クリスティアーノ・ロナウドリシャルリソン・デ・アンドラーデコスタリカ三笘薫古川聡カタール秋葉賢也May J.2022 FIFAワールドカップSHONO進藤学井川意高2026 FIFAワールドカップサッカー日本代表Dr.コトー診療所 (テレビドラマ)権田修一チェンソーマン感謝祭エネル・バレンシア佐川宣寿アントニオ・リュディガー堀江由衣2018 FIFAワールドカップ班目春樹山崎紘菜目黒蓮石川由依猪野広樹武藤十夢長友佑都ジェジュン2002 FIFAワールドカップドラガン・ストイコビッチ芦田愛菜桑田佳祐高橋春織アリウ・シセ孫興ミンガレス・ベイル加賀まりこイギリス山本圭壱ザ・マミィ三田友梨佳鎌田大地サッカーウェールズ代表遠藤航2010 FIFAワールドカップエドゥアール・メンディ板倉滉恋愛レボリューション21水上由伸伊東純也ネイマール北条義時片寄涼太播戸竜二クロサギ (2022年のテレビドラマ)本田望結シルビア・グラブ11月25日涌井秀章久保建英王鵬幸之介宮澤喜一🡆 More