ヒッポトオーン

日本語 editions of Wiki, an online encyclopedia

ヒッポトオーン: Ἱπποθόων, Hippothoōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してヒッポトオンとも表記される。エレウシースの暴君ケルキュオーンの娘アロペー海神ポセイドーンの子[1][2][3]アテーナイのヒッポトオーンティス氏族の祖[4]

美女であった母アロペーはポセイドーンの子ヒッポトオーンを身ごもったが、ポセイドーンは姿を見せなかったため[5]、彼女には父親が誰なのか分からなかった。アロペーはヒッポトオーンが生まれると乳母に頼んで自分の代わりに捨ててもらった。しかしポセイドーンの加護で守られていたヒッポトオーンは牝馬から乳を与えられて生き延びた。そのうち羊飼いがヒッポトオーンを発見したが、彼の産着が身分の高さを示していたので、羊飼いたちは産着をめぐって争い、ケルキュオーンに裁定を求めた結果、アロペーが密かに子供を産んで捨てていたことが発覚した。怒ったケルキュオーンは娘を投獄し、またヒッポトオーンを捨てさせた。アロペーは獄中で死んだが、ヒッポトオーンは再び牝馬に養われ、その様子を見た羊飼いたちは赤子が神の加護で守られていると悟り、ヒッポトオーンと名付けて養育した。後にケルキュオーンが若き英雄テーセウスによって退治されると、成長したヒッポトオーンはテーセウスの王宮を訪れてエレウシースの返還を求めた。テーセウスはおたがいがポセイドーンの子であることに親しみを感じて喜んで返還に応じ、ヒッポトオーンはエレウシースの王となった[3]。エレウシースにはヒッポトオーンの英雄廟があった[6]

脚注

  1. ^ パウサニアス、1巻5・2。
  2. ^ パウサニアス、1巻39・3。
  3. ^ a b ヒュギーヌス、187話。
  4. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.203b。
  5. ^ エウリーピデース『アロペー』断片(エウスタティオス『オデュッセイア注解』1902・1の引用)。
  6. ^ パウサニアス、1巻38・4。

参考文献

This article uses material from the Wikipedia article 特別:おまかせ表示, which is released under the Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 license ("CC BY-SA 3.0"); additional terms may apply. (view authors). コンテンツは、特に記載されていない限り、CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。 Images, videos and audio are available under their respective licenses.
#Wikipedia® is a registered trademark of the Wikimedia Foundation, Inc. Wiki (duhoctrungquoc.vn) is an independent company and has no affiliation with Wikimedia Foundation.

🔥 Top trends keywords 日本語 Wiki:

メインページレオパルト2三浦瑠麗門田博光坂東龍汰M1エイブラムストップガン (映画)三浦清志三億円事件上月壮一郎世界終末時計岡本奈月デヴィ・スカルノ徳川家康梅田サイファー三河島事故10式戦車工藤壮人大牟田4人殺害事件伊藤英明大築紅葉八村塁富雄丸山古墳電子レンジ堀田真由トム・クルーズ松重豊築山殿陽月華トップガン マーヴェリック沈黙の艦隊あさま山荘事件大奥 (2023年のテレビドラマ)リバーサルオーケストラ武田真一川上洋平新田真剣佑1月25日豪雪地帯にゃんこスター平塚八兵衛落合哲也ロサンゼルス・レイカーズ小野花梨夕暮れに、手をつなぐLE SSERAFIM木南晴夏ぼっち・ざ・ろっく!ケリー・マクギリス竜星涼八甲田雪中行軍遭難事件門脇麦大奥 (漫画)小川の辺罠の戦争高知東生斎藤佑樹徳川家光東谷義和眞栄田郷敦津田健次郎野々村友紀子ラーズ・ヌートバーヴァル・キルマーシュタイナー教育江戸家猫八 (4代目)ブルーロックブロンコ・ビリー井川瑠音SLAM DUNK陰の実力者になりたくて!Snow Man目黒考二日本とんでもスキルで異世界放浪メシあのTelegram🡆 More